メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前11時15分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前10時30分〜
 
リンク
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-07-14 19:46:35 (121 ヒット)

    毎年6月の第四週は、伝道者養成の働きを心に留める「神学校週間」です。今年、栗ヶ沢教会では、6月25日の主日礼拝を神学校週間礼拝とし、東京バプテスト神学校在学中の中根淨(なかね きよし)神学生を、説教者にお迎えしました。
    中根神学生は、御年72歳。十年ほど前に奥様を天に送られたのをきっかけに、「もう一度信仰の原点に戻ろう」と、学びの道に入られたそうです。「私がここ(説教檀)に立っていることで、皆さん方に『自分も学べるんだな』と思っていただけたら、今日ここに来た意味があると思います」とおっしゃっていました。説教では、ルカによる福音書15章の「放蕩息子」の話をテーマに、幼い頃に家を出られたご自身のお父様とのお話に関する証しを交え、和解の業を実現して下さる神様の姿を示して下さいました。
    その他に、当日の礼拝の中では、壮年会メンバーから、神学校週間に際し、日本の宗教団体の現状や、献金に関してなど、パワーポイントを用いて具体的なデータを示しながらの解説もありました。日本バプテスト連盟では、2016年度、全323の教会のうち、32の教会が無牧師だったとのこと。また、牧師の平均年齢は59歳(日本のプロテスタント教会全体では62歳)だそうです。一方、米国では、牧師の平均年齢がこの25年で10歳上昇しているとのデータも同時に示されました。福音伝道の将来を見据え、さらなる伝道者養成と、そのための継続的な厚い支援が必要とされています。

●ホームページ担当 水林 京子


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-07-07 21:09:22 (202 ヒット)


    6月18日の主日礼拝において、教会の皆が心待ちにしてきた、二人の少女のバプテスマ式が執りおこなわれました。讃美の中、一人ずつ水に入りバプテスマを受ける様子を見守る先輩クリスチャンたち一人ひとりの胸にも、信仰を持った時の感動がよみがえり、共に、敬虔な思いに満たされました。
    お父さん、お母さんと一緒に、物心つくかつかないかの頃から教会に通ってきた二人にとって、「教会はお家のようなところ」(A.S.さん信仰告白より)と言えるほど、教会生活はごく当たり前の日常だったようですが、小羊会のキャンプなどを通して、神様についての学びと、他教会の友人たちとの交流を深め、バプテスマの決心に至ったそうです。「これからは五本指の約束(聖書を読む、お祈りをする、礼拝に出席する、献金する、友だちを誘う)をしっかり守ってゆきたい」(S.M.さん信仰告白より)とも語ってくれました。

    そして2週間後の7月2日の昼食時には、お祝い愛餐会も開かれました。この日は第一主日だったため、午前中の礼拝で、二人は、人生初の主の晩餐式にも臨みました。晩餐にあずかることは幼い頃からの念願だったとのことでした。二人のこれからの歩みに、豊かな祝福がありますように。

●ホームページ担当 水林 京子


 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-07-01 16:06:16 (194 ヒット)

    6月11日、初夏の音楽礼拝が捧げられました。毎年多くの方が来会して下さるこの恒例行事に、今回も、80名を超える出席者が与えられ、感謝でした。
    「キリストの愛を知る」とのテーマで捧げられた今年の音楽礼拝、教会員の豊原奏兄(テノール)、豊原さやか姉(チェロ)、関戸喜代姉(ピアノ)による特別讃美の演奏は、時に優しく、時に厳かに礼拝堂を包み、その中に身を置くと、神様のご臨在に触れた思いを一層強く持ちました。
    聖歌隊による讃美「わが主イエスよ」も、「増させたまえ 主を愛する 愛をば 愛をば」との歌詞が印象深く、しっとりと美しいハーモニーで捧げられ、続く牧師のメッセージの「イエス様の愛をいただき、新しくされ、愛に根ざす者となれる」とのお話へとつながりました。(讃美の動画はこちら
    礼拝後は、中庭でのティーパーティー。爽やかなそよ風を感じながら、歓談のひと時です。この日、久しぶりに来会なさった姉妹を囲んで、記念撮影をする女性たちの姿もありました。キリストの愛の中で、緑も、花も、集う人々の笑顔も、すべてがきらきらしていた、初夏の聖日でした。

●ホームページ担当 水林 京子

♪ 前奏「シチリアーノ」(チェロ、ピアノ)

♪ 特別讃美「球根の中には」(テノール、ピアノ)

♪ 特別讃美「いつくしみ深き」(チェロ、ピアノ)

♪ 特別讃美「み栄えとみ座を去り」(テノール、ピアノ)

♪ 特別讃美「罪ゆるされしこの身をば」(チェロ、ピアノ)

♪ 特別讃美 ビゼー作曲「神の子羊」(テノール、チェロ、ピアノ)

♪ 聖歌隊による讃美「わが主イエスよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ 前奏「シチリアーノ」(チェロ、ピアノ)

 

♪ 特別讃美「球根の中には」(テノール、ピアノ)

 

♪ 特別讃美「いつくしみ深き」(チェロ、ピアノ)

 

♪ 特別讃美「み栄えとみ座を去り」(テノール、ピアノ)

 

♪ 特別讃美「罪ゆるされしこの身をば」(チェロ、ピアノ)

 

♪ 特別讃美 ビゼー作曲「神の子羊」(テノール、チェロ、ピアノ)

 

♪ 聖歌隊による讃美「わが主イエスよ」


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-06-17 11:07:13 (201 ヒット)


くりくりあおぞらくらぶ 5月
モザイクアート作り

    5月のくりくりあおぞらくらぶは、モザイクアートを作りました。
    モザイクアートとは、大理石やガラス、タイルといった素材を割り、細かくなった素材を組み合わせて絵やイメージを具現化させたものですが、今回は卵の殻を使いました。

    卵の殻を乾かし、着色をして細かく割ったものを使って、小さな蒲鉾板ほどの大きさのバルサ板に絵や文字を作り込んでいきました。
    玄関に飾るのかなと思わせる「HELLO」や「WELCOME」、また「BATHROOM」と作る生徒。緑色の濃淡の違いをうまく使った四葉のクローバーを表現する生徒。みんなそれぞれに楽しく作りました。
    スタッフもみんなと一緒に作ってみましたが、なかなか思うようには出来ず大変でした。スタッフの作品は教会のどこかに飾ってありますので見つけてみてくださいね!

    次回は7/22(土)〜23(日)の夏期学校。教会にお泊りします。お楽しみに。

●教育役員    面川 正史


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-05-18 18:47:09 (188 ヒット)

    5月14日の分級後の時間に、壮年会の主導で、教会庭の雑草取りがおこなわれました。時折、30℃近い暑さにもなる今年の5月ですが、この日は神様の憐れみの(?!)曇り空。気温は20℃程度で、絶好の草取り日和に恵まれました。
    鎌を片手に頑固な雑草の根に立ち向かう人、黙々と芝刈り機を押す人、植木鉢の草花をきれいに整える人...皆がてきぱきと作業に臨み、1時間ほどで終了しました。さっぱりときれいになった庭が、この夏も、様々な行事で、私たちに憩いのひと時を与えてくれることでしょう。

●ホームページ担当 水林 京子


« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 56 »

日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-2 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-