メインメニュー
集会案内


2019クリスマス
ご案内

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-12-07 13:09:33 (39 ヒット)

    毎年11月に日を分けておこなわれてきた、栗ヶ沢教会の秋の恒例行事「子ども祝福礼拝」と「収穫感謝芋煮会」。今年は11月10日の日曜日に合わせておこないました。

    午前中に捧げられた「子ども祝福礼拝」には、0歳から小学1年生までのお子さんのうち、9名が出席し、ある子は頼もしく、ある子はおしとやかに、またある子は、はにかみ屋さんにと、前回の祝福式から1年が経ち、それぞれが成長した姿を見せてくれました。子どもたち一人ひとりが、常に大切にされ、健康で幸せに生きてゆけますように、そして、大人たちも、そんな彼らに寄り添い、ともに歩めますようにと祈り、最後は、おなじみのこどもさんびか「ことりたちは」を歌い、喜び合いました。

    礼拝が終わると、お昼は「収穫感謝芋煮会」。中庭にテーブルと椅子をセットして、おこなわれました。皆で感謝の祈りを捧げた後、女性会メンバーによって調理された温かい芋煮汁とわかめご飯でのランチタイムとなりました。「収穫感謝芋煮会」は、飽食と飢餓が混在している、世界の食糧事情に思いを馳せる時でもあります。今年も、当日集められた参加費と献金から経費を差し引いた収益金17,440を日本国際飢餓対策機構に寄付することとしました。
    小春日和の穏やかなお天気の下、神様が与えてくださる様々な幸いをおぼえ、恵みに感謝する、秋の一日でした。

●総務委員会 ホームページ係


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-11-15 16:58:53 (93 ヒット)

    11月の第一日曜日(11月3日)に、今年も「召天者記念礼拝」と「墓前礼拝」を行いました。
    午前中の主日礼拝を「召天者記念礼拝」として、先に天に召された信仰の先達をおぼえ、そのお一人お一人の生涯を支え導いてくださった神さまに感謝し、賛美と祈りをささげました。この一年の間に、栗ヶ沢教会ではお二人の方のお名前が召天者名簿に加えられました。礼拝では、すべての召天者の氏名が読み上げられて、出席された遺族の皆さまと共に、在りし日の思い出を偲びつつ主の平安を祈りました。
    午後からは、手賀沼の南にある教会墓地の墓前において、「墓前礼拝」が持たれました。今年5月に召天されたMさんの納骨式も、礼拝と共に行われました。村上牧師より、第二コリント5章1節とヨハネによる福音書14章1〜3節の聖書の御言葉が読み上げられ、メッセージが語られました。私たちの天の国での居場所を用意してくださった後に、その天への歩みを導くために戻ってきてくださったイエスさまが、いつも私たちと共にいてくださっている幸いをおぼえて、皆で新生讃美歌608番「かなたにはまばゆき」を賛美しました。
    礼拝後、墓前に皆で献花をしたのち、ひとときのティータイムで歓談の時を持ちました。心配された雨に降られることもなく、恵みの一日を与えてくださった主に感謝いたします。

●礼拝委員会


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-10-20 18:24:19 (144 ヒット)

    10月6日の主日礼拝の中で、青年たちによる賛美が捧げられました。今回の曲は、世界的に有名な讃美歌「輝く日を仰ぐとき」。海外出身のメンバーも一緒に、1番は日本語の歌詞、2番は英語の歌詞で歌われました。
    当日の礼拝メッセージでは、青年メンバーの一人から「キリストにおいて一つ」と題して、この夏に訪れた南アフリカについての報告があり、多様な背景を持つ人々がともに生きることについて考える機会も与えられました。それぞれの言葉で一緒に神様を賛美できる幸いをおぼえた、今回の賛美でした。

●ホームページ担当 水林 京子

*当日の賛美を動画でご覧ください。
(動画再生がエラーとなる場合は、動画画面内右上にあるボタンを押してポップアップ表示でお試し下さい。)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-10-11 22:49:24 (123 ヒット)

    教会全体での話し合いと時として、教会学校の時間に不定期で持たれている全体会が、9月29日におこなわれました。今回のテーマは「『教会形成の指針』の再確認」。「教会形成の指針」とは、栗ヶ沢教会の課題、信条、感謝などを表明した文書です。2000年の4月に明文化され、毎月の主の晩餐式の際に唱和されているほか、本年2月に捧げられた伝道開始50年感謝礼拝においても掲げられました。
    この日の全体会では、成立から20年近い時を経たこの「教会形成の指針」について、改めて皆で確認し、現在に照らして、このままで良いと思う部分、変更を加えたい部分など、様々な意見交換がなされました。地域の中に生き、人々に寄り添い、信仰の喜びを分かち合う教会でありたいとの思いを大切に、この件については、引き続き、時間をかけて考えてゆくことになりました。

●ホームページ担当 水林 京子


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-10-05 13:48:58 (112 ヒット)

    9月29日、栗ヶ沢教会にまた一人新しい仲間が与えられました。すでに聖歌隊での奉仕も担って下さっているO.K.さんです。信仰告白では、悩みを抱えていた中学時代に、お友達からの「卓球をしに行こう」との誘いで、初めて教会へいらしたことや、その夏の少年少女大会で触れた聖書の御言葉「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである」(競灰螢鵐5:17・口語訳)に背中を押され、バプテスマに至ったことなどを聞かせて下さいました。
    社会人となってからは、お仕事の都合でなかなか教会に行けず、信仰生活は必ずしも順風満帆ではなかったものの、そのような中で教会に行けた時には、聖書の御言葉、牧師の話、教会学校を通して、イエス様からの語りかけを感じ、道をそれても神様のもとに引き戻されるという感覚を味わってきたそうです。「祈って神様と約束をしてもすぐに横道にそれてしまうけれど、そんな自分だからこそ祈りが必要。人間として、信仰者として、成長してゆきたい」と語って下さいました。ゆっくりかもしれない、けれど前へ...そんなO.K.さんの姿勢に、教会全体が励まされました。

●ホームページ担当 水林 京子


(1) 2 3 4 ... 69 »

日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-