メインメニュー
集会案内

秋の特別伝道礼拝のご案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前1030分〜
                    午後 730分〜
リンク
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-08-17 21:21:17 (56 ヒット)

✣ アブラハムのこだわり ✣

    イスラエルの族長アブラハムは、イスラエルの信仰の父と仰がれ、その妻サラは、信仰の母と呼ばれています。そのような二人ですが、100点満点の人物ではなさそうです。
    アブラハムは、エジプトで、自分の身を守るために妻を自分の妹と偽る浅はかな手段を考え、サラもそれに同意しました。彼女はアブラハムの異母妹で「妹」には違いないのかもしれませんが、彼の正式な妻。夫からの提案とはいえ、二人で神に背きました。またサラは、「アブラハムから生まれる者が後を継ぐ」という神の約束を信頼できず、アブラハムの後継者を得るために仕え女(女奴隷)のハガルを利用し、抑圧しました。人間の愚かさ、罪深さ丸出しの二人が、なぜ信仰の父、信仰の母なのか、この世的には理解し難いことかもしれません。しかし、これが神のご計画の不思議なのです。神の選びは、人物的に非の打ちどころがないとか、優秀であるとか、力があるとか、そういったことが基準ではないことを、聖書の物語は示しています。
    アブラハムは主の言葉に従って父の家を離れ、未知の世界へと旅立ちました。退路を断った彼は、息子イサクの「嫁」探しにおいて、息子を故郷に戻すことにはキッパリと否を言いました。神に信頼するアブラハムの姿を見ることができます。

●8月19日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-08-10 19:12:19 (54 ヒット)

✣ 平和を希求し、非戦を誓う ✣

    「…摩文仁(まぶに)の丘、眼下に広がる穏やかな海。悲しくて、忘れることのできないこの島の全て。私は手を強くにぎり、誓う。奪われた命に想いを馳せて、心から、誓う。私が生きている限り、こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。もう二度と過去を未来にしないこと。全ての人間が、国境を越え、人種を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。生きること、命を大切にできる権利を誰からも侵されない世界を創ること。平和を創造する努力を、いとわないことを。あなたも、感じるだろう。この島の美しさを。あなたも、知っているだろう。この島の悲しみを。そして、あなたも、私と同じこの瞬間(とき)を一緒に生きているのだ。今を一緒に、生きているのだ。だから、きっとわかるはずなんだ。戦争の無意味さを。本当の平和を。戦力という愚かな力をもつことで得られる平和など、本当はないことを。平和とは、当たり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きることだということを。私は、今を生きている。みんなと一緒に。そして、これからも生きていく。一日一日を大切に。平和を想って。平和を祈って。…」(浦添市立港川中学3年 相良倫子〔さがらりんこ〕さんの詩「生きる」より)。

●8月12日 平和祈念礼拝 週報巻頭言  牧師  村上 千代


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-08-04 10:59:54 (66 ヒット)

✣ 人間の尊厳 ✣

    創世記16章と21章には、アブラハムの妻サラと、彼女に仕える「女奴隷」のハガルという二人の女性が登場します。当時、女性の存在意義は、家系を絶やさないように男子を産むことにあり、女性にとって不妊は最も辛いことでした。高齢に達したサラは神の約束を信じて待つことができず、自分の権力を行使し、ハガルによって自らの子を持つ企てを立てました。サラは、女性であるがゆえに抑圧されている自分を認識できなかったのか、被抑圧者として連帯するのではなく、別の女性の尊厳を無視し利用しました。しかし、それは当時の父権制社会では法的に許されている習慣でした。社会的な正しさの多くは支配構造を支えるためにあり、その必然的結果として弱い立場にある者の尊厳を脅かし、侵すものとなってしまいます。
    先日、国会議員の女性がLGBT(性的少数者)の方たちを指して「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない」と述べ、問題になっています。この発言の背後には多くの支持者がいることは明らかです。生産性のあるなしで人間が分けられ、弱い立場の者が排除されるこの社会。教会はそれを否とし、命に意味があると言い切っていきたいと思います。

●8月5日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-07-27 15:43:56 (45 ヒット)

✣ 約束の子 ✣

    「書物を買い求めるのは結構なことであろう。ただしついでにそれを読む時間も買い求めることができればである。・・・良書を読むための条件は、悪書を読まぬことである。人生は短く、時間と力には限りがあるからである(ショウペンハウエル)」。
    この世は、様々な情報で溢れています。しかし、人生で本当に会得しなければならない情報は限られています。中東の片田舎で生まれ育ったイエス・キリストは、わずか3年半の働きをもって、「すべて成就した」と言い残して息を引き取られました。この短い期間の御業が2000年の長きに渡り、全世界を導き続けています。新約聖書にはその奥義が凝縮されています。旧約聖書はさらに数百年の時を加えて、未だに人々の魂を養い続けています。
    「神は死んだ(ニーチェ)」との宣言からすでに百有余年。聖書の出版数は60億を越えて、世界一の発行部数を保ち続けています。この事実こそ奇跡と言えるのではないでしょうか。この奇跡の書は、読めば読むほどに誰もがその深遠な真理に驚かされます。本日は旧約聖書と新約聖書から、全地の創造主たる神様から「約束の子」として選ばれた私たちへの語りかけを、イエス・キリストの福音の光に照らして読んでみたいと思います。

●7月29日 週報巻頭言  教会員A


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-07-20 14:31:29 (59 ヒット)

✣ 子どもたちの幸せを願って ✣

    以前、連盟宣教研究所発行の研修用冊子『教会と暴力』第3章「子どもへの暴力」に拙文を書かせていただきました。
「……今日、わたしたちの社会にはさまざまな暴力の問題があり、その中で、成人に比べて、決定権、経済力、法的な「力」などを奪われやすい弱い立場の子どもたちが、「力」を持つ者からのさまざまな暴力によって傷つき、痛み、悲しんでいる現実があります。教会に集う子どもたちの中にも、暴力を受けて苦しんでいる子がいるかもしれません。子どもたちは、この社会において、今ここにいる存在として認められるよりは、おとなの予備軍として将来のために生きることを求められ、……また、教育の現場では、国にとって都合のよい人づくりという国策により、子どもたちの自由がだんだん奪われています。子どもたちは、教会に来るまでの一週間、家庭や学校で、楽しいことばかりでなく、悲しいことや辛いことも経験し、いろいろなものを背負って来ているのです。教会は、豊かな交わりの中で、み言葉を通してイエス・キリストを伝え、子どもたちをケアし、子どもたちと共に生きる群れです。……子どもたちの現実を知り、子どもたちの伴走者、支援者となることが求められます……」。
    昨日から夏期学校が行われています。教会は、この時代この社会で、子どもたちが幸せに生きることができるようにと祈りつつ、今朝の合同礼拝をささげます。

●7月22日 夏期学校合同礼拝 週報巻頭言  牧師  村上 千代


« 1 (2) 3 4 5 ... 90 »

日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-