メインメニュー
インフォメーション
リンク
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-05-28 15:11:56 (189 ヒット)

礼拝説教「聖霊が降(くだ)る日」 ❝The Day when Holy Spirit Descends from Heaven❞   使徒言行録(Acts) 2:1-13
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「聖霊が降(くだ)る日」

  本日はペンテコステの礼拝日です。ペンテコステとは、ギリシャ語で「50日目」という意味です。イエス・キリストが十字架上で死んで葬られ、復活されてから50日目が本日の日曜日です。本日の聖書箇所である使徒言行録2章1節で、「五旬祭の日が来て」と記されている原文では「ペンテコステの日が来て」と書かれています。
  五旬祭は、本来イスラエルの三大祭りの一つであった「七週の祭り」を新約聖書の教会が受け継ぐ形で祝われました。ユダヤでは小麦の穂に鎌を入れた日から数えて七週目に、神から受けた祝福を感謝し、収穫感謝の捧げもの をする祭りとしてこれを祝いました。その日は、モーセが神の山(ホレブ;シナイ山)で主から律法を与えられた日と重なるとされ、大切な記念日になりました。
  そのようなユダヤの三大祭りを祝うために世界中からエルサレムに上って来ていたユダヤ人たちを前にして、弟子たちの上に聖霊が降り、彼らが福音の言葉を「分かる言葉」で語り伝えたというのです。本日は、この箇所から聖書のメッセージを聞いてゆきます。

●5月28日  ペンテコステ礼拝 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ❝The Day when Holy Spirit Descends from Heaven❞  by Rev. Kazu Kimura

   Today we have Pentecost worship. Pentecost means "50th day" in Greek. Today is Sunday, the 50th day since Jesus Christ died on the cross, was buried, and was resurrected. In today's Bible passage, Acts 2:1, it says, "When the day of Pentecost came,"
   Pentecost was originally celebrated by churches in the time of the New Testament, which took over the Feast of Weeks, one of the three major festivals of Israel. In Judea, they celebrated on the seventh week from the day when they put the sickle into the first ears of wheat, as a festival of giving thanks for the blessings received from God and offering thanksgiving for the harvest. That day was considered to coincide with the day when Moses received the law from the Lord on the mountain of God (Horeb; Mount Sinai), and it became an important Memorial Day.
   The Holy Spirit descended on the disciples in front of the Jews who had come up to Jerusalem from all over the world to celebrate the three major Jewish festivals, and then they taught the words of the Gospel with “understandable words”. Today, we will listen to the message of the Bible from this passage.


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-05-20 22:04:28 (180 ヒット)

礼拝説教「とりなしの祈り」"Intercessory Prayer"  創世記(Genesis) 18:20-32
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「とりなしの祈り」

  本日の箇所である創世記18章16節以下の段落では、アブラハムにイサクの誕生を予告した三人のみ使いが、その後、ソドムとゴモラの町を視察に行く場面が書き記されています。
  ソドムとゴモラの罪は非常に重く、その知らせが天上の主の耳にまで届いたというのです。主なる神がこれらの町を滅ぼそうとされていることを知ったアブラハムは、主の前に進み出て、ソドムのために嘆願しました。
  「あの町に正しい者が 五十人いるならば、その五十人のためにあなたは町をお赦しにはならないのですか」そのように主に尋ねて、「もしソドムの町に正しい者が五十人いるならば、その者たちのために町全部を赦そう」という答えを得るのです。
  アブラハムは、この答えを聞くと、正しい者の人数を少しずつ値切っていきます。最後は10人になりました。主なる神は「その10人のためにわたしは滅ぼさない」と、アブラハムに言われたのです。今朝は、この箇所を通して「執り成しの祈り」とはどういうものかを思い巡らせつつ、そこから響いてくる神さまのメッセージに耳を傾けたいと思います。

●5月21日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ” Intercessory Prayer” by Rev. Kazu Kimura

   In today's passage, Genesis 18:16 and the following paragraphs, it says the three angels, who predicted the birth of Isaac to Abraham, went to inspect the towns of Sodom and Gomorrah.
   The sins of Sodom and Gomorrah were so serious that the news reached the ears of the Lord in heaven. When Abraham knew that the Lord God was going to destroy these towns, he came before the Lord and pleaded for Sodom.
   "If there are fifty righteous people in that city, won't you forgive the city for the fifty?" He asked and the Lord answered, “If there are fifty righteous people in Sodom, I will forgive the whole city for them.”
   When Abraham heard this answer, he bargained little by little for the number of the righteous. We ended up with 10 people. The Lord God said to Abraham, "For those ten, I will not destroy." This morning, we would like to listen to God's message that resounds through this passage as we turn over in our mind what "intercessory prayer" means.


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-05-14 17:05:40 (201 ヒット)

礼拝説教「一つの体、一つの肢体」"One Body, Each Limb"  コリントの信徒への手紙一(Corinthians1) 12:20-26
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「一つの体、一つの肢体」

  本日の聖書箇所であるコリントの信徒への手紙一12章では、使徒パウロが教会員一人一人に与えられた「霊的な賜物」についての説き明かしをしています。
  すなわち、ある人には知恵の言葉が与えられ、また他の人には知識の言葉、さらに別の人には信仰というように、それぞれの個性に応じて各自に「霊の賜物」が与えられていること、そうされたのは三位一体の神であり、各自の賜物が異なるのは、それによって「全体の益となるため」(7節)だというのです。
  キリストの教会は、パウロが説くようにまさに「一つの体」です。人間の体において、目が手に向かって「お前は要らない」とは言えず、また頭が足に向かって「お前たちは要らない」と言うようなことはありません。それぞれが、体の大切な一部分としての役割を担っているからです。
  教会も同じだとパウロは言います。一人一人が「キリストの体」を構成する大切な肢体です。見栄えの良さが大切なのではありません。それどころか「体の中で弱く見える」部分こそかえって必要だとパウロは言うのです。

●5月14日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ” One Body,  Each Limb” by Rev. Kazu Kimura

   In today's passage of scripture, 1 Corinthians Chapter 12, the apostle Paul explains the "spiritual gifts" given to each member of the church.
   He says that the Triune God gives “the spiritual gifts” to each person according to each personality; to one there is given a message of wisdom, to another a message of knowledge, to another faith by the same Spirit . And he says each gift is different because they are “for the common good.” (ver. 7).
   The Church of Christ is exactly "one body," as Paul preaches. In the human body, the eye cannot say to the hand, "I don't want you," or the head to the foot, "I don't want you." Each one plays a role as an important part of the body.
   The church is same, says Paul. Each person is a limb that constitutes “the body of Christ.” Good looks aren't important. On the contrary, Paul says that the part that "looks weak in the body" is actually necessary.


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-05-07 18:13:56 (231 ヒット)

礼拝説教「しるしと信仰」"A Sign and A Faith"  マタイによる福音書(Matthew) 16:1-4
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「しるしと信仰」

  イエスのもとに、ファリサイ派とサドカイ派の人々がやって来て、天からのしるしを見せてほしいと求めました。彼らは、信仰の理解において互いに立場を異にしていましたから、通常は一緒に行動したりはしません。ところが、イエスに対してはいずれも敵対関係にあったため、今回はイエスを試そうと共闘してやってきたのです。
  ユダヤ人は、信仰を確かなものにするための「しるし」を求めました。第一コリント1章22節に「ユダヤ人はしるしを求め、ギリシャ人は知恵を探しますが、…」とあるように、目に見える確かな「しるし」の中に、彼らは信仰のあかしと素晴らしさを認めようとしたのです。
  しかし、イエスは言われます。「よこしまで、神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない」これは、どういう意味なのでしょうか。また、「時代のしるしを見る」とはどういうことでしょうか。そのことを、本日の聖書箇所のみ言葉を通して、聞いてゆきます。

●5月7日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ”A Sign and A Faith” by Rev. Kazu Kimura

   The Pharisees and Sadducees came to Jesus and asked him to show them a sign from heaven. They were so different in their understanding of the faith that they would not normally work together. However, all of them had a hostile relationship with Jesus, so this time they fought together to test Jesus.
   The Jews asked for a "sign" to confirm their faith. InCorinthians 1:22, we find "Jews demand signs and Greeks look for wisdom, ..." They tried to recognize the testimony and splendor of their faith in certain visible "signs."
   But Jesus says, " A wicked and adulterous generation looks for a sign, but none will be given it except the sign of Jonah." What does this mean? Also, what does it mean to " interpret the signs of the times"? We will listen to this through the words of today's passage of scripture.


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-04-30 14:51:37 (177 ヒット)

礼拝説教「安息日の意味」"The Meaning of the Sabbath"  マルコによる福音書(Mark) 2:23-27
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「安息日の意味」

  ある安息日のことです。イエスと弟子たちの一行が、麦畑の中を通って行くことがありました。その時、弟子たちが、歩きながら麦の穂を摘んで食べたというのです。
  律法の規定によれば、このような行為は普通の日であれば、何の問題もない行為でした。申命記23章25節によると、旅人は畑に鎌を入れない限り、麦を自由に摘んで食べてもよいことになっています。
  ところが、この日は安息日であり、一切の仕事をすることが禁止されていました。当時のファリサイ派のユダヤ人たちは、四十に一つ足りない数の「安息日にしてはならない労働」を定めていたと言われます。そのうちの四つ、すなわち刈り取り、もみ殻の吹き分け、打穀とあら粉の準備、という禁じられた労働をした罪で、弟子たちは律法違反者として告発されたのです。彼らラビにとって、このような律法違反は死罪に当たるほどの重罪でした。
  これに対してイエスは言われます。「安息日は、人のために定められた。だから、人の子は安息日の主でもある。」と。本日はこの箇所から、安息日の意味について考えます。

●4月30日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ”The Meaning of the Sabbath ” by Rev. Kazu Kimura

   One Sabbath, Jesus and his disciples were walking through a grainfield. At that time, the disciples picked and ate ears of wheat as they walked along.
   According to the rule of the law, such an act would have been perfectly acceptable on a normal day. According to Deuteronomy 23:25, travelers are free to pick and eat wheat as long as they do not put a sickle into the field.
   However, this day was the Sabbath, and no work was allowed. It is said that the Pharisee Jews at that time set a number of "labor they must not do on the Sabbath" which was one in forty. For doing four of these forbidden labors: harvesting, blowing the chaff, and preparing the threshing and flour, the disciples were accused of breaking the law. For these rabbis, breaking the law was a serious offence as a capital crime.
   Jesus says to this. "The Sabbath was made for man. Therefore, the Son of Man is also Lord of the Sabbath." From this passage, we will consider the meaning of the Sabbath today.


« 1 ... 6 7 8 (9) 10 11 12 ... 148 »

日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-