メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2024年 4月 7日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2024-04-07 18:05:14 (160 ヒット)

礼拝説教「キリストを伝える」コリントの信徒への手紙一 (Cor.) 2:1-5
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「キリストを伝える」

  4月になり、新たな年度が始まりました。今月から教会学校では『コリントの信徒への手紙一』を学びます。コリント教会は、使徒パウロが第2回伝道旅行でギリシャの地に足を踏み入れ、アテネの次に訪れた港町です。この当時のコリントは、人口60万人を超え、地中海世界で最大の港町でありました。
 しかし、ヘレニズム文化のただ中にあって、ギリシャ女神を祀る神殿が立つこのコリントの町で、偶像の神ではないキリストの福音を宣べ伝えることは容易ではありませんでした。まだ信仰歴の浅い、若い信徒たちばかりの教会であるコリント教会は、パウロが不在になると、会員同士の間に分裂(スキスマ)が生じたといいます。
  「わたしはアポロにつく」「わたしはパウロにつく」といった具合に、自分の気に入った指導者を支持する者たちが派閥(グループ)を作り、互いに争い合うようになっていたというのです。
 このような中にあって、パウロはキリストの十字架以外には何も知るまいと決意したと書きます。本日は、ここから神の言葉に耳を傾けます。

●4月7日 週報巻頭言   牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-