メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2024年 2月25日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2024-02-25 15:47:07 (93 ヒット)

礼拝説教「一粒の麦」ヨハネによる福音書(John) 12:20-26
・文字原稿(スマホ & PC閲覧用) ← クリックしてご覧ください。
週報巻頭言「一粒の麦」

  ユダヤの最大の祭りである「過越しの祭り」を祝うために、イエスがエルサレムに上った際に、礼拝にやって来た人々の中に、何人かのギリシャ人がいました。彼らは、ベトサイダ出身であったフィリポのもとに来て、「イエスにお目にかかりたいのです」と申し出ます。彼らは、ギリシャの神々にひざまずくことなく、イスラエルの唯一の神を礼拝しようとエルサレムにやっ てきたのです。
  これを聞いて、イエスは言われます「人の子が栄光を受けるときが来た」と。直前の11章で、ラザロを復活させるという奇跡をおこなったために、ユダヤ人は民衆がイエスを信じるようになることを怖れま した。そこで、彼らはイエスを殺そうとたくらんだと書かれています。
 このような動きを見て、イエスは自らの十字架の死を予見します。それは、「一粒の麦が地に落ちて死ぬ」と言われる出来事だったのです。それは、どういうことなのか。小説の題名にも引用されるこの「一粒の麦」をめぐって、この朝は御言葉(みことば)から聞いてゆきます。

●2月25日  週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-