メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2023年 8月 6日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-08-06 17:06:02 (234 ヒット)

礼拝説教「悪を洗い去れ」" Wash Away the Evil"  エレミヤ書(Jeremiah) 4:13-19
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「悪を洗い去れ」

  8月になり、この国と世界の平和を覚えて過ごす特別な月を迎えました。本日は、旧約聖書のエレミヤ書からみ言葉に聞きます。
  エレミヤは、紀元前627年、ヨシア王の治世の第13年に予言者としての召命を受けました。エレミヤが預言活動をおこなった時代は、南王国であるユダが、アッシリアを滅ぼしオリエントを支配した新興国バビロンの西南アジアへの侵攻により、まさに風前の灯という時期でした。
  そのような時代に、エレミヤは「諸国民の預言者」として立てられたのです。
 エレミヤは、預言活動を始めるに当たり、二つの幻を見ます。一つ目はあめんどうの花です。それはヘブル語でシャーケードと言いますが、これは「見張る」(ショーケード)という言葉の語呂合わせになっています。つまり、時代の流れの中でユダ王国の行く末を見極め、王国が誤った道を歩むことがないように監視する者となれという神が示したシンボルでした。
 二つ目は「傾きかけた、北からの煮えたぎる鍋」です。それはバビロンの軍事的脅威を表します。このような時代に、エレミヤは、人々に神の義とまことの神への「立ち返り」を説いたのです。

●8月6日  週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ”Wash Away the Evil” by Rev. Kazu Kimura

    August is here, and we have a special month to remember the peace of this country and the world. Today, we hear from the Word of God from the Old Testament book of Jeremiah.
    Jeremiah received his call to prophecy in 627 B.C., in the 13th year of the reign of King Josiah. Jeremiah was prophesying at a time when the southern kingdom of Judah was in the midst of a desperate struggle against the invading Babylonians, who had destroyed the Assyrians and taken over the Orient.
    In such a time, Jeremiah was established as "a prophet of the nations".
    Jeremiah sees two visions as he begins his prophetic work. The first is the flower of the amenemand. It is the Hebrew word shirkade, which is a corruption of the word "watch" (shawkade). In other words, it was a symbol of God's desire for the kingdom of Judah to discern its future in the course of the times and to be a watchman to prevent it from going down the wrong path.
    The second is the " leaning, simmering pot from the north." It represents the military threat of Babylon. In these times, Jeremiah preached to the people about God's righteousness and "turning" to the true God.


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-