メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2023年 7月30日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-07-30 16:15:57 (167 ヒット)

礼拝説教「僕としての奉仕」" The service as a servant"  ルカによる福音書(Luke) 17:7-10
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「僕としての奉仕」

  教会における「奉仕」とは、そもそもどのようなものでしょうか。使徒パウロは、ローマの信徒への手紙12章6節以下で、「わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい」と書いています。すなわち、奉仕とはキリストの体を立て上げるために必要な働きを、そこにつながる各自の賜物を活用して担い合うことであり、その根底にあるのは、神の恵みに対する感謝と喜びです。
 福音書を読むと、主イエスは弟子たちに次のように語られています「あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい」(ルカ22:26)。すなわち、神の国における奉仕とは、自らの身を低くして、神の働きを担うために人々の僕となるように勧告されるのです。
  横浜JOYバプテスト教会では、教会の役員会の呼称を「しもべ会」と呼ぶように改め、それを今も続けているといいます。教会の人事や予算、また活動方針を決める リーダーは、何よりも「しもべ」でなければならないという考えに基づいているのです。本日は、ルカ福音書17章から、奉仕の意味について御言葉(みことば)に聞きます。

●7月30日  週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-