メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2023年 7月 2日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-07-02 17:51:42 (188 ヒット)

礼拝説教「無言の伝道」"Silent Evangelism"  使徒言行録(Acts) 4:5-14
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「無言の伝道」

  使徒言行録3章によると、ペトロとヨハネが、午後3時の祈りの時に祈るために神殿に上って行ったとき、「美しい門」と呼ばれる門の傍に、生まれつき足の不自由な男が置かれていたと書かれています。
  この男は、そのような所で人々から得た「施し」によって、それまで生きてきたのでした。ペトロとヨハネがこの男を見た時も、男は当初「何かもらえる」という期待を込めて、二人を見つめていたと記されています。
  ところが、ペトロの口から発せられた言葉は、次の言葉でした。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」こうして、ペトロが手を取ると、男は踊り上がって立ち、歩み出したのでした。
  これに続く本日の4章で、ペトロとヨハネの二人が神殿当局に捕らえられた後、最高法院で訊問を受ける場面が描かれています。神殿における病人の癒しの行為は、イエス・キリストの名による救いのわざに他ならないと、二人は証言するのです。このペトロの弁明を無言のうちに聞いていた証人、それが「美しい門」で癒された男でした。彼は、ひと言も話していませんが、そこにいるだけで、ペトロとヨハネの証人となったのです。

●7月2日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary "Silent Evangelism" by Rev. Kazu Kimura

   According to Acts 3, when Peter and John went up to the temple to pray at the 3 p.m. prayer time, they found a man lame from birth placed by the gate called the "beautiful gate."
   This man had lived by the "alms" he had obtained from people in such places. When Peter and John saw the man, it is written that the man initially looked at them with the expectation that he would receive something.
   But the words that came out of Peter's mouth were the following. I have no gold or silver, but I will give you what I have. "Arise and walk in the name of Jesus Christ of Nazareth." And when Peter took his hand, the man danced up, stood up, and walked away.
   This is followed today in chapter 4 by the scene in which Peter and John are questioned by the Supreme Court after being captured by the temple authorities. They testified that the healing of the sick in the temple was nothing less than a work of salvation in the name of Jesus Christ. The witness who was silently listening to Peter's defense was the man healed at the "Beautiful Gate." He did not speak a word, but his mere presence was a witness to Peter and John.


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-