メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2023年 6月 4日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-06-04 17:19:10 (178 ヒット)

礼拝説教「知る力と見抜く力」 ❝Knowledge and Depth of Insight❞   フィリピの信徒への手紙 (Philippians)  1:3-11
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「知る力と見抜く力」

  本日の聖書である「フィリピの信徒への手紙」は、いわゆる第2回伝道旅行において、パウロが「マケドニアの叫び」を聞いた後に、訪問したマケドニア第一の都市フィリピに立てられた教会に向けて書き送られた手紙です。この手紙を書いた時、パウロは獄の中にあり、監禁・拘束されていました。
  しかし、その獄中のパウロのもとに、フィリピ教会は信徒代表としてエパフロディトを送り、彼を通して献金や物資などの支援をおこないました。パウロは、そのことに大いに感激し、「わたしは、あなたがたのことを思い起こす度に、私の神に感謝し、…いつも喜びをもって祈っています。」と、本日の手紙で言い表しています。フィリピ教会とパウロとは、ゆるぎない信頼関係によって 深く強く結びついていたのです。
  本日のフィリピ信徒への手紙1章9節で、パウロは次のように祈っています。「知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになりる…(ように)」と。本日は、この聖書の箇所から響いてくる使徒パウロのメッセージに耳を傾けます。

●6月4日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ❝Knowledge and Depth of Insight❞  by Rev. Kazu Kimura

   Philippians is a letter written for the church built in Philipi , the first city in Macedonia, which Paul visited after hearing the " The cry of Macedonia" during his so-called second missionary journey. At the time of writing this letter, Paul was in prison, confined and bound.
   However, the Philippian church sent Epaphroditus as a representative of the believers to Paul in prison and provided support such as donations and supplies through him. Paul was so moved that he expressed in the letter, "I thank my God every time I remember you.... I always pray with joy" . The Philippian church and Paul were deeply and strongly tied together by a solid relationship of trust.
  In Philippians 1:9, Paul prayed, “your love may abound more and more in knowledge and depth of insight,..”. Today we will listen to the message of the Apostle Paul that resonates from this passage of Scripture.


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-