メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2023年 5月21日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-05-20 22:04:28 (181 ヒット)

礼拝説教「とりなしの祈り」"Intercessory Prayer"  創世記(Genesis) 18:20-32
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「とりなしの祈り」

  本日の箇所である創世記18章16節以下の段落では、アブラハムにイサクの誕生を予告した三人のみ使いが、その後、ソドムとゴモラの町を視察に行く場面が書き記されています。
  ソドムとゴモラの罪は非常に重く、その知らせが天上の主の耳にまで届いたというのです。主なる神がこれらの町を滅ぼそうとされていることを知ったアブラハムは、主の前に進み出て、ソドムのために嘆願しました。
  「あの町に正しい者が 五十人いるならば、その五十人のためにあなたは町をお赦しにはならないのですか」そのように主に尋ねて、「もしソドムの町に正しい者が五十人いるならば、その者たちのために町全部を赦そう」という答えを得るのです。
  アブラハムは、この答えを聞くと、正しい者の人数を少しずつ値切っていきます。最後は10人になりました。主なる神は「その10人のためにわたしは滅ぼさない」と、アブラハムに言われたのです。今朝は、この箇所を通して「執り成しの祈り」とはどういうものかを思い巡らせつつ、そこから響いてくる神さまのメッセージに耳を傾けたいと思います。

●5月21日 週報巻頭言  牧師 木村 一充



Today's Summary ” Intercessory Prayer” by Rev. Kazu Kimura

   In today's passage, Genesis 18:16 and the following paragraphs, it says the three angels, who predicted the birth of Isaac to Abraham, went to inspect the towns of Sodom and Gomorrah.
   The sins of Sodom and Gomorrah were so serious that the news reached the ears of the Lord in heaven. When Abraham knew that the Lord God was going to destroy these towns, he came before the Lord and pleaded for Sodom.
   "If there are fifty righteous people in that city, won't you forgive the city for the fifty?" He asked and the Lord answered, “If there are fifty righteous people in Sodom, I will forgive the whole city for them.”
   When Abraham heard this answer, he bargained little by little for the number of the righteous. We ended up with 10 people. The Lord God said to Abraham, "For those ten, I will not destroy." This morning, we would like to listen to God's message that resounds through this passage as we turn over in our mind what "intercessory prayer" means.


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-