メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : 2023年 3月19日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-03-19 15:12:43 (225 ヒット)

礼拝説教「ペトロへの祈り」 ルカによる福音書紙 22:31-34
★この説教の文字原稿と動画の掲載は終了しました。
週報巻頭言「ペトロへの祈り」

 主イエスが弟子たちと最後にとった食事は、ユダヤの最大の祭りである過越祭を祝う食事でした。それは、かつてイスラエルの民がモーセに率いられ、奴隷の地であったエジプトから逃れ、約束の地であるカナンに帰還した出エジプトの出来事を記念し、これを祝う喜びの食事でありました。
 しかし、その最後の食事の席で、主イエスは弟子たちのうちの一人が自分を裏切ろうとしていると予告します。この場面を描くマルコ福音書の並行記事を読むと、弟子たちは「まさか自分のことでは」と代わる代わる言い始めたとあります。弟子たちの多くが、心の片隅に主を裏切りかねない不確かな自分、主に従い切れない不信仰な自分の現実の姿を認識していたということでしょう。
 この時ペトロは自分だけは違うと思っていたようです。「主よ、ご一緒になら…死んでもよいと覚悟しております」そう言って大見栄を切ったペトロも、後に「イエスを知らない」と三度も繰り返して言うことになるのです。そのようなペトロに、主イエスは、裏切りの予告の言葉を語られます。この場面から、本日のメッセージを聞き取ります。

●3月19日 週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-