メインメニュー
集会案内

アクセス(教会への地図)

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応《10/16版》('22/10/15)

*献金振込先ご案内*

・・・・・・・・・・

■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科
・少年少女科
・青年科
・成人科
・牧師室クラス

祈祷会
=朝Zoom対面形式併用
  夜対面形式=

毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ : 2023年 1月15日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-01-15 14:38:35 (56 ヒット)

礼拝説教「苦難、忍耐、希望」 ローマの信徒への手紙 5:1-8
・文字原稿(スマホ & PC閲覧用) ← クリックしてご覧ください。
週報巻頭言「苦難、忍耐、希望」

 「しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」(ローマの信徒への手紙5章8節) 使徒パウロのこの言葉に、本日の聖書の中心となるメッセージが集約されています。聖書の神は「不信仰な者、罪人、神無き者」であったわたしたちのために、神の子であるキリストが死んでくださったという出来事に、その救いの業の根拠を据えられたお方であります。正しい人、善人のためにキリストが死なれたのではありません。そうではなく、神から離れ、ご自身に敵対する、まさにアンチの立場に立っていた弱いわたしたちのために、キリストは死なれたのです。ここに神の愛があります。
 ニーグレンという学者の著書に『アガペーとエロース』という題の本があります。ニーグレンはこの本の中で、相手に価値があるから愛するという愛はエロースの愛であり、その反対に、愛することによって相手に価値を与えるというのがアガペーの愛である、と述べています。キリストはそのような愛をわたしたちに与えてくださったお方であります。

●1月15日 週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-