メインメニュー
集会案内

アクセス(教会への地図)

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応《10/16版》('22/10/15)

*献金振込先ご案内*

・・・・・・・・・・

■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科
・少年少女科
・青年科
・成人科
・牧師室クラス

祈祷会
=朝Zoom対面形式併用
  夜対面形式=

毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ : 2023年 1月 8日 主日礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-01-08 14:58:36 (47 ヒット)

礼拝説教「救いの訪れ」 ルカによる福音書 19:1-9
・文字原稿(スマホ & PC閲覧用) ← クリックしてご覧ください。
週報巻頭言「救いの訪れ」

 ルカによる福音書19章には、主イエスの一行がエルサレムに向かう途中、エリコの町に入った時のことが記されています。その町に、ザアカイという徴税人の頭(かしら)がいました。彼は金持ちで、経済的には満たされていましたが、ユダヤ人からは、敵国であるローマに同胞のユダヤ人たちから税を取り立てて貢(みつ)ぐ「売国奴」と見られ、軽蔑され、蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われていました。
 ザアカイは、主イエスの一行が来るといううわさを聞き、イエスがどんな人かを見ようと、一行が歩む道へと足を運びます。ところが、彼は背が低かったため、群衆に遮られて見ることが出来ませんでした。
 そこで、彼は走って先回りをし、沿道のいちじく桑の木に登って、一行が来るのを待ち受けました。イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われました。「ザアカイ、急いで降りてきなさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」
 おそらく、この時が初対面であったはずなのに、イエスはザアカイの名前をご存じでした。さらに、その夜彼のところに泊まることにしていると伝えたのです。ザアカイにとって、この時が救いの訪れの時でした。今日は、ここから み言葉に聞きます。

●1月8日 週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-