メインメニュー
集会案内

アクセス(教会への地図)

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応《10/16版》('22/10/15)

*献金振込先ご案内*

・・・・・・・・・・

■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科
・少年少女科
・青年科
・成人科
・牧師室クラス

祈祷会
=朝Zoom対面形式併用
  夜対面形式=

毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ : 2023年 1月 1日 元旦礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2023-01-01 15:41:28 (77 ヒット)

礼拝説教「主のなさる御業を見よ」 イザヤ書 40:1-8
・文字原稿(スマホ & PC閲覧用) ← クリックしてご覧ください。
週報巻頭言「主のなさる御業を見よ」

 新しい年、2023年の歩みがスタートしました。先ずは、今年1年が皆さまにとって良い年となりますようお祈りいたします。
 今年の干支(えと)は「卯」です。「卯」という漢字は、左右に開かれた門の形から出来たと言われ、閉じていた門が開き、そこから「飛び出る」という意味があると言われます。或いは、祭り事の際に、生贄として捧げる肉を2つに裂いた形から出来たとされ、「分ける」という意味を持つとする説もあります。「飛び出る」や「分ける」という意味から、卯年は「飛躍する」とか「契機になる」年だと言われます。
 本日の箇所であるイザヤ書40章以下は、バビロン捕囚の末期に活動した無名の預言者第2イザヤが、イスラエルの民に、捕囚からの解放が近づいていることを知らせる言葉が書き記されている所です。「荒れ地に広い道を通し、険しい道は平らに、狭い道は広い谷となれ」との主の声を第2イザヤは聞くのです。古き時代は終わり、新しい道が開かれるとイザヤは言います。新しい年、主がどのような御業をなさるか、目を開いて見てまいりましょう。

●1月1日 元旦礼拝 週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-