メインメニュー
集会案内

アクセス(教会への地図)

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応《10/16版》('22/10/15)

*献金振込先ご案内*

・・・・・・・・・・

■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科
・少年少女科
・青年科
・成人科
・牧師室クラス

祈祷会
=朝Zoom対面形式併用
  夜対面形式=

毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ : 2022年12月25日 クリスマス礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2022-12-25 13:59:33 (107 ヒット)

礼拝説教「救い主、生まれたもう」 ルカによる福音書 2:1-7
・文字原稿(スマホ & PC閲覧用) ← クリックしてご覧ください。
週報巻頭言「救い主、生まれたもう」

 本日のルカ福音書によると、イエス・キリストが生まれた当時、ローマ皇帝アウグストゥスによって全世界の人口調査の勅令が出たと書かれています。
 しかし、歴史的にみると、紀元0年前後にローマ帝国内で大きな人口調査が行われたという記録は残っていません。おそらく、キリストがダビデの町(=ベツレヘム)で生まれたことを強調するために、ルカが編集上の必要から意図的に挿入した文章だと見られています。
 それにしても、身重のマリアを伴い、 ナザレから距離にして120キロ以上もあるベツレヘムまでの旅をしたヨセフの労苦は、どれほど大変だったことでしょうか。「宿屋には、彼らの泊まる場所がなかった」とありますが、そもそも宿屋自体が、人口数千人とみられる当時のベツレヘムには、ほとんどなかったのではないかと思われます。
 わびしい馬屋でのマリアの出産。全世界の救い主として到来されたお方のご誕生の場所にしては、あまりにも貧弱過ぎます。しかし、この事にこそクリスマスのメッセージが込められています。本日は、この箇所からみ言葉を聞きます。

●12月25日 クリスマス礼拝 週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-