メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応《1/16版》('22/1/16)

礼拝説教
文字原稿動画
「メッセージ」コーナーで
ご覧いただけるように
なりました。('21/8/27)

*献金振込先ご案内*

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科
・少年少女科
・青年科
・成人科
・牧師室クラス

祈祷会
=朝Zoom対面形式併用
  夜対面形式=

毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 2022年 4月17日 イースター礼拝
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2022-04-17 15:39:48 (90 ヒット)

礼拝説教「復活祭の朝」 マタイによる福音書 28:1-10
・文字原稿  ← クリックしてご覧ください。
・動 画 ← クリックしてご覧ください。
週報巻頭言「復活祭の朝」

 イエスが十字架上で息を引き取ったのは、金曜日の午後3時過ぎのことでした。遺体は、その日の内にローマの兵士たちによって下ろされ、引き取りを申し出たアリマタヤのヨセフによって、彼の園に移送されました。ヨセフは、主の遺体を亜麻布にくるみ、掘ったばかりの新しい墓に納めました。イエスの母マリアと、マグダラのマリアがそこに一緒に同行して、イエスの遺体が納められた場所を見届けました。
 翌日はユダヤの安息日(土曜日)であったため、律法の規定により、遠方への外出はできませんでした。そこで彼女たちは、安息日が明けた翌々日(日曜日)の朝早くに、墓に向かって出かけました。イエスの葬りが簡易的にしかなされていなかったので、遺体に油を塗って改めて丁重に葬るために、香油や包帯を買いそろえて、そこに向かったのです。
 彼女たちが目的を果たすためには、墓の入り口を塞いでいるあの大きな石を転がして、墓を開封することが必要でした。しかし彼女たちの力では、とてもできそうにないことだったので、彼女たちにとってそのことは、一番の心配事だったと思われます。ところが、墓に着いた時、驚くべきことが起こったのです。

●4月17日 イースター礼拝 週報巻頭言  牧師 木村 一充


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-