メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応について('21/4/5)

くりくりあおぞらくらぶより
小学生みなさんへ('20/3/27)

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
(8月中休会のみ実施)
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 光の中を歩む
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2021-06-25 17:29:59 (340 ヒット)

✣ 光の中を歩む ✣

    毎日の日課として聖書を読み続けている方は、クリスチャンの中にどのくらいいらっしゃるのでしょう。私は残念ながら、読めていないグループの一人に含まれます。でも、かつて自分が教会の幼稚園に勤めていた時、毎朝の朝礼で聖書を1章ずつ、職員全員で輪読しながら読んでいました。12年半の在勤期間中に、3回は聖書通読をしていたことになります。今振り返ってみて、なんと恵まれた日々を過ごしていたことかと思います。
    「ヨハネの手紙」(一〜三)は、創世記から黙示録まで66巻ある長い聖書の中の62〜64巻目という、最も後ろの方に置かれている書です(新共同訳聖書、旧約の続編は含まない場合)。その御言葉から、この書に至るまで聖書を読み進めてきた者たちに対して、自分勝手な解釈をして誤った信仰の道に進んで行かないように…と、最後の道しるべとして置かれているようにも感じられます。
    私たち人間は皆弱く、罪を負っている者です。本来は闇の中を歩んでいました。しかし、神が私たちへの愛をイエス・キリストによって示してくださり、私たちに光を照らしてくださいました。それでも、その光の方に向き直らなければ、私たちは闇に向かって歩き続けることになります。教会は、週の初めに私たちを光の方へと向き直らせてくれます。教会と共に、キリストの光の中を歩んで行く者となれますように祈ります。

●6月27日 週報巻頭言  教会員  K.T.


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-