メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応について(12/7更新)

くりくりあおぞらくらぶより
小学生のみなさんへ(3/27)

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 神のことばで生きる
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2021-01-09 18:15:44 (36 ヒット)

✣ 神のことばで生きる ✣

    わたしの出身教会では、数ヵ月に一度の頻度で「アルトス」というチラシをつくって地域の方々に配布しています。もう35年以上続いている教会の働きです。「アルトス」は、ギリシア語で「パン」を意味する言葉です。「アルトス」というタイトルの横には、「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」(マタイ4:4)という聖書の言葉が記されており、人々に神の愛と祝福を伝え続けています。
    パンは、人間が生きるためになくてはならないものです。食べるものがなければ栄養が不足し、生命を維持していくことができません。では、パンさえあれば人は幸せなのかというと、改めて言うまでもないと思います。「神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」。それは、「神の祝福なしには、パンも、パンによって支えられる命も空しい」と言うことです。人間は、命のパン、すなわち神の愛と祝福の内に生かされているという確信によって、真に生きることができるのではないでしょうか。世界のグローバル化が進み、パンさえあればという価値観が世界を支配しているようなこんにち、わたしたちも「人はパンだけで生きるものではない」と言うことよりも、「神のことばだけで生きるものではない」と言う声の方が強くなっていないでしょうか。生きるには、パンだけでなく何が大切か今一度考えさせられます。

●1月10日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-