メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応について(7/25更新)

くりくりあおぞらくらぶより
小学生のみなさんへ(3/27)

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
(8月中休会)
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 恵みがあるように
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-07-25 19:24:30 (57 ヒット)

✣ 恵みがあるように ✣

    パウロは、テサロニケの教会に宛てた手紙の中で、「怠惰な生活をしているきょうだいたち」すなわち「パンをただでもらって食べているきょうだいたち」に対して、「働きたくない者は、食べてはならない」と言います。ここで頭に浮かぶのは、「働かざる者食うべからず」という慣用句です。しかし、二つの表現は似ていても内容は違います。パウロは、一般的職業倫理として述べているのでもなければ、病気や障がいのある人、失業者など、働きたくても働けない人のことを言っているのでもありません。コリントの信徒への手紙気如◆峩い者は、弱い者を常に配慮するように」と語っているとおりです。
    新しい聖書(聖書協会共同訳)では、「働きたくない者」を「働こうとしない者」と翻訳しています。パウロの言う「働こうとしない者」とはどういう者なのかと考えます。
    神の愛にあずかる者は、主に仕え、互いに仕え合うようにと主から招かれています。働き場があって、与えられている賜物があって、仕事をする力も備わっている、にもかかわらず、働こうとせず、弱い者の「パン」に寄りかかって生きている強い者のことを指しているのではないかと考えます。パウロは批判します。でも、だからといって、彼はそのような人たちのことを排除しません。彼の祈りには、彼が批判している人たちも含まれているのです。教えられます。

●7月26日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-