メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応について(4/25更新)

くりくりあおぞらくらぶより
小学生のみなさんへ(3/27)

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(6月末まで休止)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 教会の基
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-04-25 15:50:20 (136 ヒット)

✣ 教会の基 ✣

    教会は、「終末における神の国の完成を目指して、その途上を歩む民である」(森野善右衛門)といわれます。神の国の完成を目指す。それは、どの時代においても変わらぬ教会の目指すところです。しかし神の国の完成へと向かう途上の教会は、その時代の世界の状況や、社会や人々から問いかけられる課題や問題を前に、聖書を読み直す中で、福音理解や教会形成のあり方が変えられていきます。教会は、聖書からキリストの福音を聴き、「地の塩・世の光」として、何を語り、どう生きるべきかを考えるからです。
    日本における今日的課題は、社会全体の多様化の問題、生の形態・性の多様性、世代間の価値観のギャップ、経済格差、分断、平和の危機など、様々です。この時代に生きる教会は、これまでの伝統や価値観にしがみついたままでは生きるのが難しい時代を迎えています。パラダイムシフトの必要を迫られ、これからの教会を考えようとしている矢先に、新型コロナウイルス感染の問題が生じ、教会は大きく根底から揺さぶられています。これまで当たり前だと思っていた礼拝も当たり前ではないのです。ウイルスの感染が終息したら、教会は元に戻るのではなく、主の十字架と復活の恵みに根差し、新しい教会となるよう、今、私たちに考える機会が与えられているのではないでしょうか。

●4月26日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-