メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応について(4/25更新)

くりくりあおぞらくらぶより
小学生のみなさんへ(3/27)

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(6月末まで休止)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
(6/10休会)
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 東日本大震災から9年
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-03-07 21:07:07 (130 ヒット)

✣ 東日本大震災から9年 ✣

    「目を上げ、わたしたちは山々を仰ぐ。/わたしたちの助けはどこから来るのか。/わたしたちの助けは来る、天地を造られた主のもとから。/主よ、わたしたちの主よ、あなたの御名は、いかに力強く、全地に満ちていることでしょう。」
    「2020年3月11日 東日本大震災から9年を数えての祈り」(東日本大震災現地支援委員会)は、上記の言葉から始まっている。「被災地」の方々にとって、大地震、大津波、原発事故の恐怖は忘れることができず、いまだ原発事故の現実に曝されている不安を拭い去ることはできない。しかし、そのような日々の中でも、人々は何とか前に進もうとしている。そして、教会は、主のもとから来る助けを信じて、悲しみや苦しみの中にある方々と励まし合いたいと願っている。2020年1月現在、震災関連で亡くなられた方は、1万5,899人、行方不明の方は、2,529人、現在避難している方は、4万8,181人、そして避難者の内、3万1,022人は福島県から県外への避難者だという(福島県HPより)。
    昨年9月、宮城県内の「被災地」を数年振りに訪ね、災害に遭われた人々や「被災地」を忘れないよう、祈っていきたいと改めて思わされた。だが人間は弱い者で、忘れてしまう。だから、3・11という記念の日が大切なのだ。神のゆるしと助けを願い、3・11を覚えて、共に祈りを合わせたい。

●3月8日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-