メインメニュー
集会案内

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 夜明け前
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-10-19 15:25:03 (116 ヒット)

✣ 夜明け前 ✣

    今日の宣教題について、ある方から「小説の題名からですか」と問われた。この題は、島崎藤村の小説で知られているからだ。しかし、宣教題はそれとは違う。恵泉教会の賛美グループ「アムハアレツ」(地の民)が、イザヤ書21章、詩編130編をもとにつくった歌の題からつけさせていただいた。

  「東の空遠く 夜明けは来るのだろう
     廃墟の片隅に 来るのだろう
     来るのだろう
         夜回りよ 夜回りよ あしたは近いか
         望み待つ あしたは 来るのだろう
     崩れた町に立ち 何を見たのだろう
     夜中の今はもう 何どきになるのだろう
         夜回りよ 夜回りよ あしたは近いか
         望み待つ あしたは 来るのだろう
     誰もが踏んできた 罪の代償を
     自ら払うべき時が今 来たのだろう
         夜回りよ 夜回りよ あしたは近いか
         望み待つ あしたは 来るのだろう」
                                             (詞・千野 肇)

    現代における「廃墟」は、足元にも、世界のあちこちにも存在する。罪の現実、悲しみや苦しみの現実、希望を失いそうな現実の中で、わたしたちは救いを求める。
    詩編130編の詩人は歌う。わたしの魂は、見張り(夜回り)が朝を待つにもまして、主を待ち望むのだ、と。

●10月20日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-