メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : キリストを着る
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-05-11 11:30:07 (68 ヒット)

✣ キリストを着る ✣

    パウロは、ガラテヤの信徒たちが誤った福音理解に惑わされ、真の福音から離れていることを遺憾に思い、ガラテヤの諸教会宛に手紙を書きました。彼は、この手紙で、律法主義の誤りを強く非難します。そして、人は律法を行うこと(特に割礼)によって救われるのではなく、十字架で殺され、復活されたイエス・キリストを信じる信仰によって救われるのだということを、もう一度伝えようとするのです。
    律法主義は、救いの根拠を自分の内に求め、自分の力や努力で、律法を守ることによって救いを受けられると考えます。自分の正しさを主張するために、そうでない人を必要とし、そこに差別が生まれ、民族、地位、性別などの間に分断をもたらします。
    しかし、真の福音は、救いの根拠をイエス・キリストにのみ求めます。私たちの現実がどんなに情けなく、見苦しくても、キリストに結ばれ、キリストを着ることによって神の子とされるのだ、と。「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです」(3:26)。そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もなく、キリストにおいて一つであると、パウロは主にある希望を語るのです。

●5月12日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-