メインメニュー
集会案内

初夏の音楽礼拝のご案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 絶望のなかから
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-04-13 11:20:24 (58 ヒット)

✣ 絶望のなかから ✣

    イエスは、十字架刑に処せられる二人の犯罪人の間で十字架につけられた。犯罪人の一人は十字架上でイエスをののしり、それをたしなめるもう一人の犯罪人は、自らの罪を認め、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」とイエスに願う。するとイエスは言われた。「アーメン、私はあなたに言う、あなたは今日(すでに)、私と共に楽園にいるだろう」(ルカ23:43 岩波訳)。
    ルカ文書には、「今日」という単語が多く用いられている。ルカは、他にも、「この聖書の言葉は、今日、あなたが耳にしたとき、実現した」(4:21)、「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい(19:5)…、今日、救いがこの家を訪れた(19:9)」、など、「今日」という単語を用いて一貫した救いを告げている。
    今日の聖書箇所(23:43)のイエスの言葉は、イエス・キリストによる救いが、すでに今、ここに、あなたのために現われているということを告げている。そして、その救いというのは、絶望のどん底にあっても、神が常に共にいるという救いである。
    私たちは、苦しみの中で、絶望のなかから、神が共におられるということに気づく。傍らに立つ主の十字架ゆえに。

●4月14日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-