メインメニュー
集会案内

秋の特別伝道礼拝のご案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前1030分〜
                    午後 730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : アブラハムのこだわり
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-08-17 21:21:17 (56 ヒット)

✣ アブラハムのこだわり ✣

    イスラエルの族長アブラハムは、イスラエルの信仰の父と仰がれ、その妻サラは、信仰の母と呼ばれています。そのような二人ですが、100点満点の人物ではなさそうです。
    アブラハムは、エジプトで、自分の身を守るために妻を自分の妹と偽る浅はかな手段を考え、サラもそれに同意しました。彼女はアブラハムの異母妹で「妹」には違いないのかもしれませんが、彼の正式な妻。夫からの提案とはいえ、二人で神に背きました。またサラは、「アブラハムから生まれる者が後を継ぐ」という神の約束を信頼できず、アブラハムの後継者を得るために仕え女(女奴隷)のハガルを利用し、抑圧しました。人間の愚かさ、罪深さ丸出しの二人が、なぜ信仰の父、信仰の母なのか、この世的には理解し難いことかもしれません。しかし、これが神のご計画の不思議なのです。神の選びは、人物的に非の打ちどころがないとか、優秀であるとか、力があるとか、そういったことが基準ではないことを、聖書の物語は示しています。
    アブラハムは主の言葉に従って父の家を離れ、未知の世界へと旅立ちました。退路を断った彼は、息子イサクの「嫁」探しにおいて、息子を故郷に戻すことにはキッパリと否を言いました。神に信頼するアブラハムの姿を見ることができます。

●8月19日 週報巻頭言  牧師  村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-