メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前1030分〜
                    午後 730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 世界に開かれた教会へ
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-06-29 13:09:55 (102 ヒット)

✣ 世界に開かれた教会へ ✣

    IJCS牧師、そして、アジアミッションコーディネーターとなって、6年目に入りました。教会でもアジアの諸集会でも、さまざまな国の人たちと接する機会が増えました。ペンテコステの出来事にも表れているように、当時の新約聖書の背景となっている時代に、その地域はすでに多文化共生だったと思われます。
    アンティオキア教会は、最初の異邦人教会であり、その後、パウロの3度の伝道旅行の拠点教会になった教会です。この教会は、迫害のためにエルサレムを追われたクリスチャンたちによって、始められた教会でした。その教会が、故郷に潜んでいたパウロを見つけ出し、クリスチャンを迫害していたパウロを、派遣宣教師として支えていく教会になるのです。宣教師になるまでの14年あまりをパウロは、アンテオケ教会で過ごしていたと思われます。(ガラテヤ2:1)
    アンテオケ教会でクリスチャンになった人たちが、ギリシャ語でも福音を伝えるようになり、異邦人へと福音が広がっていきます。もともとユダヤ人だけにみ言葉を語っていた教会が、世界宣教に開かれた教会に変えられていきました。「主がこの人々を助けた」(使徒11:21)とあります。
    「この町にはわたしの民が大勢いる」(使徒18:10)という主の言葉の「この町」には、さまざまな国の人がすでにいるのではないでしょうか。

●7月1日 週報巻頭言  伊藤 世里江(IJCS牧師・AMC)

*IJCS=シンガポール国際日本語教会、AMC=アジアミッションコーディネーター


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-