メインメニュー
集会案内


2018クリスマス
ご案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前1030分〜
                    午後 730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : ほんとうにいいこととは
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-04-27 19:16:03 (130 ヒット)

✣ ほんとうにいいこととは ✣

    学者アラムハラドが子供たちにたずねます。「小鳥が啼かないでいられず、魚が泳がないでいられないように、人はどういうことをしないでいられないだろう。」 小さなセララバアドが「人はほんとうにいいことが何だかを考えないではいられないと思います」と答えました。これは、宮沢賢治の作品の中の話です。わたしたちは、ふだんこの「ほんとうにいいこと」を、何を規準に考えているのでしょうか。ほんとうにいいことと思って言った言葉で、人を傷つけたり、ほんとうにいいことと考えてしてくれただろう行いを、うっとうしいと思ったりします。
    このことを、聖書はどう説いているのでしょうか。パウロは、いろいろな教会の信徒へ手紙を書いていますが、その中で「心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。」(ローマ12:2)と言っています。そしてその内容は、「愛は隣人に悪を行いません…」(ローマ13:10)「兄弟をつまずかせないために…」(汽灰螢鵐8:13)とつながっていきます。パウロは、キリストにあって自由にされた者が、自分の立場や主張する意見によって隣人が害を受けていないかどうか自覚して行動するとき、人は「ほんとうにいいこと」が何かを考えることができると教えています。

●4月29日 週報巻頭言  教会員  佐藤 満子


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-