メインメニュー
集会案内


2018クリスマス
ご案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前1030分〜
                    午後 730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 苦難を担った人物
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-02-23 17:07:05 (155 ヒット)

✣ 苦難を担った人物 ✣

    南ユダ王国は、前6世紀の初めに大国バビロンとの戦に敗れ、国の中心だった人々は捕囚として敵地に連れ去られた。約60年後、ペルシャがバビロンを滅ぼすと、民は解放されて祖国に帰還した。この時代に、旧約聖書のエベレストにも例えられる「苦難の僕(しもべ)」は記された。
    その人物は、輝かしい風格も容姿もなかった。軽蔑され、人に見捨てられた。自分自身の罪科ゆえに、悲哀の中を這いずり回っていると思われた。しかし、僕本人が悪いのではなかった。私たちの罪科ゆえだった。彼は他人の身代わりとして苦難や痛みを担い、とうとう死に渡される。
    いつの時代も、人間は意識するか否かは別にして、他人に犠牲を強いて生きていないだろうか…。東日本大震災に依る原発事故で、福島の子ども達の甲状腺癌の罹患率は驚くほどの数値だと聞く。しかも被災は今も続く。イエスのご受難と十字架上の死は何だったのか。人間に死をお命じになった神は、その人間を心から愛しておられる。矛盾とも思える事の解決には、ご自身が痛むしか道はなかったに違いない。
    十字架に依る主の死は、我々人間の心の奥底にある罪の購いである。ご受難は我々の苦悩を理解するためなのか。レントの日々に、あらためて主のご受難と死の意味を考えてみたい。

●2月25日 週報巻頭言 古賀 公一(花野井バプテスト教会 牧師)


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-