メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前11時15分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前10時30分〜
                    午後 7時30分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 主の慈しみによって
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-02-16 15:52:29 (116 ヒット)

✣ 主の慈しみによって ✣

    2018年は4月1日がイースターにあたります。教会暦によると、先週水曜日、2月14日から受難節(レント)が始まりました。受難節は四旬節ともいわれ、イースター前の6回の主日を除いた40日間のことをいいます。この期間設定はイエスの40日間の荒野での試練、断食に由来しているようです。レントの期間は、イエスの受難を想起しながら祈りの日々を過ごします。
    今日の聖書、マルコによる福音書には、イエスに従ってはいるものの、なかなかイエスを理解しない弟子たちの姿が繰り返し描かれています。
    この福音書が書かれたのは70年頃のこと。イエスの十字架の死と復活の出来事から約40年が経過し、マルコ共同体の中には世代交代もあって、共同体設立当初の、悔い改めて主に従うという確信がだんだん薄れていく課題があったのかもしれません。だからこそ、福音書を通してイエスの言葉とわざを思い起こし、キリストの福音とは何かを確認しつつ、主に従うことへの招きと励ましをいただいていたのではないかと考えます。
    福音書の弟子たちの姿は、こんにちを生きるわたしたちの姿とも重なります。受難節の中にあって、イエスの十字架での苦難の意味を思い巡らし、悔い改めて祈りつつイースターへと向かっていきたいと思います。

●2月18日 週報巻頭言 村上 千代(元・東京北キリスト教会 協力牧師)


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-2 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-