メインメニュー
集会案内

2017
クリスマスのご案内


教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前11時15分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前10時30分〜

リンク
メッセージ
メッセージ : 沈黙の神様
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-10-26 19:35:05 (60 ヒット)

✣ 沈黙の神様 ✣

    一切皆苦。生も苦、老いも苦、病も苦、死も苦。人生は苦しみの連続です。せめて「苦しみ」の根源的な原因がわかれば慰めにもなり、解決策も立てられるのですが、思い通りにならないのが「苦しみ」です。
    人生の「苦しみ」に対する最も原始的で直感的、かつ数多の宗教が主張する解答が「因果応報論」です。「悪い行い」をすれば、「悪い報い」として、病気や事故、身内の不幸、その他あらゆる災いと苦難がやってくる、という考え方です。この思想の危険性は、「幸福な人」には「善い行いの結果、今の幸いがある」として、権力者の蛮行や金持ちの悪行を正当化すること、また、苦しむ弱者には「悪行の結果、今の苦しみがある」と迫り、さらに多大な苦しみを負わせて憚らないことにあります。人は罪ある自己中心的な動物ですから、自分を甘やかし隣人を裁くために、この因果応報論を都合よく用いるのです。神様の愛から離れ、隣人愛から離れ、弱者を裁き、自分の悪行を正当化する。新約聖書における祭司や律法学者、ヨブ記におけるヨブの友人たちの態度がまさにこれでした。因果応報論に基づく彼らの主張は直感的でわかりやすく、また正当なように思えます。しかし、それは神様の御心なのでしょうか。
    イエス様は明確に答えておられます。「(この人が苦しむのは)本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。(ヨハネ福音書9:3)」今回は、ヨブ記からこの「人生の苦しみ」について聞きたいと思います。

●10月29日 週報巻頭言  教会員A


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-2 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-