メインメニュー
集会案内

2017
クリスマスのご案内


教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前11時15分〜
・幼稚科
・小学科 
・少年少女科  
・青年科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 午前10時30分〜

リンク
メッセージ
メッセージ : 主は与え、主は奪う
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-09-28 21:47:31 (88 ヒット)

✣ 主は与え、主は奪う ✣

    栗ヶ沢教会の無牧師の期間が始まりました。つい三ヶ月前まで私は、そんな日が今日訪れるとは全く思ってもいませんでした。思えば私たちの人生は、そうしたことの繰り返しで成り立っているのではないか…と、改めて感じさせられます。
    旧約聖書ヨブ記の冒頭の1-2章は、一人の信仰深い人間の人生が、神の試みによって、急転落していく物語を伝えています。
    ヨブ記の主人公ヨブは、イスラエルの民ではない異邦人でしたが、地上の誰よりも主なる神を畏れて、主に悪とされることを避けて生きていました。そんな彼は神の祝福の中でとても裕福に暮らしていましたが、ある日突然、10人の子どもと全ての財産を奪われてしまいます(ヨブ1:13-19)。悲嘆にくれるヨブは、それでも神を呪うことはせずに、言います。
「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」(1:21)
    私達がヨブの立場に立った時、同じように語ることができるでしょうか。苦難に遭った時、そこに神の大いなる意思が存在していると信じていても、「主よ、なぜですか!?」と言わずにはいられない…。そんな愚かな私達に、神様は御手を差し伸べてくれます。十字架の苦しみの後に復活された、キリスト・イエスの栄光を示して。

●10月1日 週報巻頭言  教会員  衣笠 壮


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-2 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-