メインメニュー
集会案内

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応について(4/25更新)

くりくりあおぞらくらぶより
小学生のみなさんへ(3/27)

・・・・・・・・・・

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(6月末まで休止)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 主の祈り
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-03-02 18:54:17 (773 ヒット)

「主の祈り」

イエスは、偽善者や異邦人のような祈りを戒められ、祈りの模範として、
「主の祈り」を私たちに教えて下さった。そして、この祈りは、私たちの教会を含めて、今日多くの教会において奉げられているが、ともすればお題目の如く、
半ば習慣的に繰り返されていると言うことはないであろうか。
もう一度、その本来の意味を深く考え直して見る必要があると思う。

イエスは、旧約の時代の「小聖書」とマルチン・ルターに言われた「詩編」(150篇)の、広義の祈りと讃美に加えて、「詩編」に少し希薄であると言われている、他人のための、敵のための、積極的な罪の赦しを祈る「愛」の祈りを加えて、
「主の祈り」を集大成なされた。

「主の祈り」は、私たちの日常生活の中で失われているものへの祈りであり、また自然にはとても祈られそうもないことへの祈りである。そして「主の祈り」は、先ずは父なる神への呼びかけで始まり、前半は「み名」と「み国」と「みこころ」のための、「神」に関する祈りであり、後半は「我ら」の体や信仰生活や実存に関する、「我ら」人間に関する祈りとなっており、最後は「神」に対する頌栄を以って終っている。

今朝は、この「主の祈り」一句一句の学びを通して、「神」への祈りのあり方を、皆さんと共に学んで行きたいと思う。

●3月2日週報巻頭言 
杉野栄美


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-