メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 贈り物を、また献げる
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-06-04 08:33:46 (996 ヒット)

           【贈り物を、また献げる】サムエル記上1:1-21
「贈り物」には、贈った側が価値を決定するばかりでなく、むしろ贈られた側・受け取った側が価値を決定するという余地が備えられています。どんなに高額な贈り物でも、贈り手に真心がなければ逆に受け取り手を馬鹿にしたり、傷つけたりする贈り物になってしまいます。「恵み」とは、そのように贈った側と受けた側の関係性の中で憶えられ、輝くものだと言えます。
今日の聖書の中には、子だくさんの女性ペニナと、子どものいないハンナが登場します。当時のその世界の価値観からすればペニナは恵まれた女、ハンナは一見するとそうではありません。ハンナは子どもを求めて、悩みと苦しみの淵から必死に、訴えるように主に祈ります。私を心に留め、忘れないでください、と。
主なる神は、そんなハンナを顧み、やがて男の子を授けます。歓びにあふれた彼女は、祈りの中で約束したとおり、その子どもを神に仕える人(ナジル人)として献げるのです。「祝福」とは、このようにして、贈り手である神と、受け手である人との間で、固有の輝きと意味を持つようになるのです。
●6月3日週報巻頭言 吉高 叶


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-