メインメニュー
インフォメーション
リンク
メッセージ : あなたに であいたい
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2009-12-02 14:32:09 (1548 ヒット)

 クリスマスの華やかさとは裏腹に、そんな楽しさとは無関係にすごすしかない若者たちのあいだに、「オンリー、ロンリー、クリスマス」(ひとりぼっちの寂しいクリスマス)という言葉があります。
  ひとりぼっち。誰ともつながっていない。この感覚・この感情が、たくさんの人々に広がっています。高齢者のあいだにも、そして若者たちにも。 「孤独は山の中にではなく、街の中にある」という言葉はほんとうです。
  聖書は言います。「光は闇の中に輝いている」。では、闇とは何でしょうか。人々をもれなく包んでいる深い闇。それにのみ込まれたときに深々と命の炎がきえてしまいそうになる闇。それこそが、まさに「孤独」です。「誰ともつながっていない。そして誰からも必要とされていない。」そのとてつもない淋しさが、自分の心の芯のところにある「生きる灯」をかき消すのです。
  マリアとヨセフは人々の交わりと繋がり(団欒)の中からはじき出されました。誰もこの二人を迎え入れませんでした。誰もこの二人を必要としませんでした。人々の輪の中にこの若く貧しい二人の居場所がなかったのです。二人は馬小屋にはじき出されました。
  羊飼いたちは街の外に追い出された人々です。寒く暗い荒野で羊たちと一緒に草に埋もれ寝ました。人々の社会の中に彼らの居場所はありませんでした。
  クリスマスは、人の輪の中から閉め出された人々のそばに神が共にいて、一緒に生きてくださる、という印が届けられた出来事です。そして、はじき出された者同士が、愛の印「イエス・キリスト」を真ん中にして出会い、喜び合った物語です。
祝いに行く場所がある。祝いに来てくれる人がいる。新しい命を祝うことができ、祝ってもらえる命を抱いている。マリアとヨセフ、羊飼いたちはそんな自分たちであることにどうしようもない喜びを抱いたのでした。
  あなたは、決してひとりぼっちではありません。わたしたちは、あなたに出会いたい。そしていっしょにイエス・キリストという「愛し合う印」を囲みたいです。そのとき、わたしたちの間に、クリスマスが訪れるのです。

                                     牧師 吉高 叶
 


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021 千葉県松戸市小金原2-1-12 TEL.047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-