メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
(8月中朝の会休会)
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
メッセージ
メッセージ : 愛と祝福にはさまれて
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-11-06 16:10:45 (912 ヒット)

        【愛と祝福にはさまれて】ヨハネ福音書1:1-3、黙示録21:1-7
「わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。」
 私たちは、ふだん「自分の初めとは何か」などと考えて生きることは滅多にありません。「そんなことより、いま現在のことや、先行きのことで心がいっぱいです」というのが、本当のところだろうと思います。しかし、誰もが、ふとした瞬間に「自分の存在意味」について、すなわち、自分は何故に生まれ、存在するのだろうかと考えるのです。
 聖書の言う「初め」とは、「根源に」という意味です。まさしく、生命存在の根源に何があったのか、という存在論的な問いに対する答えなのです。聖書(ヨハネ福音書)は、「初めに言があった」と言います。「言」とは神の想いのことです。愛と祝福の想いのことです。ですから「初めに、神の愛と祝福があった」と言っているのです。「造られたもののうち、愛と祝福によらないものは何一つなかった」と。
 この神さまの愛と祝福が、初めであり終わりなのです。すべての生命と人生は神さまの愛と祝福によって始まり、神さまの愛と祝福によって結ばれるのです。
           ●11月6日召天者記念礼拝 週報巻頭言 吉高 叶


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-