メインメニュー
集会案内

アクセス(教会への地図)

 

新型コロナウイルス
感染症(COVID-19)への
対応《10/16版》('22/10/15)

*献金振込先ご案内*

・・・・・・・・・・

■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校(現在休止中)
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科
・少年少女科
・青年科
・成人科
・牧師室クラス

祈祷会
=朝Zoom対面形式併用
  夜対面形式=

毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
教会日記
教会日記 : キリストの光を受け取ってください...2021クリスマス
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2021-12-31 00:00:00 (252 ヒット)

 2021年12月、栗ヶ沢教会は木村牧師と迎える初めてのクリスマスを過ごしました。コロナの脅威が続く中でしたが、今年もクリスマスの各礼拝を無事に捧げられたことを感謝いたします。
 まず12日は「子どもクリスマス合同礼拝」。「かみは そのひとりごを おあたえになったほどに よを あいされた」(ヨハネ 3:16)と、ひらがなで書かれたボードが用意され、牧師は「『よ』のところを『わたし』に変えて読んでください。あなたは神さまに愛されているんですよ」と子どもたちに語りました。アドベント第4主日の19日は「クリスマス礼拝」。教会員I.M.さんによるクリスマスメドレーのピアノ演奏が特別賛美として捧げられ、クリスマスの喜びが心に染みとおりました。
 そして24日の夜は「クリスマスイブ燭火礼拝」。前奏ではハンドベルを使って『まぶねの傍(かたえ)に』が奏でられ、静かに響くベルの澄んだ音が、聖夜の空に輝く星を彷彿とさせました。照明が消され、オルガンによる奏楽の中で会衆一人ひとりにろうそくの灯りが届けられると、今年も教会員たちの聖書朗読でイエス・キリストの降誕の様子をたどりました。
 コロナ新変異株の拡大や国内外の痛ましい事件など、この世界には、私たちの心を疲れさせ、生きる苦しみを感じさせる出来事が溢れているかもしれません。しかし、その只中に、キリストという「闇を照らす光」は確かに届けられています――神様は私たちに生きてほしいと願っておられるから。一人でも多くの方が、そのクリスマスの恵みに目を留めることができますようにと祈りながら、2021年は暮れてゆきました。

●総務委員会ホームページ係


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-