メインメニュー
集会案内


2019クリスマス
ご案内

アクセス(教会への地図)


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
イベント
イベント : 2018クリスマスのご案内 & Good News しらかば Vol.18
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-12-09 17:02:48 (267 ヒット)


 

栗ヶ沢バプテスト教会発行           

Good News しらかば

Vol. 18    2018年12月号

「本当のクリスマス」

    クリスマスおめでとうございます!
    街では商業ベースのクリスマスが賑やかです。キラキラと輝くイルミネーション、そしてどの店もクリスマス一色といった感じです。クリスマスケーキやおいしいごちそうを食べてプレゼントをもらうクリスマスは、文化として日本に定着してきました。でも、クリスマスは、救い主イエスの誕生を祝う時、それも十字架へと向かうイエスの誕生を祝う時なのです。そしてクリスマスのプレゼント交換には、神からのもっとも大いなる贈り物であるイエス・キリストを覚えて、互いに贈り物を交換するという意味があります。
    「暗き夜にみ子生まれたもう、羊飼いみ告げを受けぬ、はじめのことば、いのちのことば、光のことば、闇に輝く、暗き夜にみ子生まれたもう」(日本バプテスト連盟発行『新生讃美歌』179番「暗き夜に」)。
    この讃美歌の歌詞にあるように、み子イエスは、希望が見えない現実、暗闇が覆っているような現実のただ中にお生まれになりました。しかも、生まれた場所は家畜小屋でした。身重のマリアと夫のヨセフを泊めてくれるところがどこにもなかったからです。赤ちゃんのイエスは、汚れや臭いのある場所で、飼い葉おけの中に寝かされていました。そして救い主誕生の知らせが最初に告げられたのは、当時、最も身分の低い貧しい人々として蔑まれていた羊飼いたちだったのです。救い主は、人間の苦しみ、悲しみ、弱さ、貧しさの中に来てくださるのだということが、イエスの誕生物語の示すところです。ここにこそ神の愛があります。
    栗ヶ沢教会では、12月23日(日)にクリスマス礼拝、24日(月)にクリスマス・イブ礼拝をささげ、救い主イエスの誕生をお祝いします。文化としてのクリスマスではなく、本当のクリスマスを教会で一緒にお祝いしませんか。皆さまぜひご出席ください。歓迎いたします。

牧師 村上 千代


印刷用ページ 


日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-