新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について
(2020年4月25日 更新)

 
栗ヶ沢バプテスト教会では、4月、教会学校と各会の活動、および礼拝後の教会での飲食を伴う活動を休止いたしました。新型コロナウイルスの感染拡大が未だ続いている現在の状況下においては、5月と6月も、引き続き、同対応を続けることといたします。
主日礼拝と祈祷会は、時間を短縮し、今後もできる限り続ける方針でおります。しかし、ウイルス感染拡大の状況によっては変更もあることをご理解くださるようお願いいたします。
その他の活動や諸行事については、当面の間、すべて休会、休止にいたします。再開は、感染拡大が収束に向かっていると判断されてからとなります。

なお、主日礼拝と祈祷会への出欠については、各自がご自身の健康状態を考慮した上で、ご判断ください。
また、これまで同様、衛生管理には細心の注意を払って感染の防止に努めてまいりますので、出席される方は、以下の点にご留意ください。よろしくお願いいたします。

1. 当日、来会前の検温
(微熱でも、熱がある場合はお休みください)

2. マスクの着用
(お持ちでない場合、来会時に受付けにお申し出ください)

3. 入室時の手洗いと手指消毒の実施

4. 調整可能な服装での来会
(「密閉」を避け、換気を良くするために窓や扉は開放しています)

5. 周囲の人と一定の距離をおいた座席への着席
(「密接」と「密集」を避けます)

病に苦しんでおられる患者の方々とその周りの方々の上に、主の癒しと希望が与えられますように。生活に困難をおぼえておられる方々に、支援の手が差し伸べられますように。また、医療に携わっておられる方々の健康と安全が守られて、感染拡大が一刻も早く収束しますように、お祈りいたします。

2020年4月25日
栗ヶ沢バプテスト教会