メインメニュー
集会案内

教会への地図


■主日礼拝  
毎週日曜日 午前10時〜

教会学校
毎週日曜日 午前1115分〜
・幼稚科
・小学科(低学年・高学年)
・少年少女科
・青年科
・ペアレント科
・成人科

祈祷会
毎週水曜日 朝1030分〜
                  夜  730分〜
リンク
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-10-05 21:39:43 (946 ヒット)

          「生きていて欲しい。生きていきましょう。」
 神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛してくださった。それは御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。聖書 ヨハネ福音書3章16節

  日本では、一年に3万人以上の人たちが自殺するという現実が、もう10年以上続いています。以前は1万数千人が亡くなる交通事故死のことを「交通戦争」と呼びました。今、この悲しい事態を何と言い表したら良いのでしょう。ほんとうに心が痛みます。
 時々、どうしようもない現実の中で、生きていてもしようがない、生きる意味なんてどうでもいい、死んだ方がましだと感じてしまうことがあるかもしれません。インターネットでも自殺の仕方を教えたりするサイトがたくさんあります。それに、評論家の中には、自殺を肯定したり、「それもわかる」なんて語る人もいます。でも、決してそういう声になびかないでください。そう言っている人たちも、みんな生きているではありませんか。
 人生には、確かにとても辛いことがあります。でも良いことが長く続かないのと同じように、悪いことも長くは続かないのです。人生というものは、良いことと悪いこと、嬉しいことと辛いことが、縦糸と横糸のように織りなされながらできていくものなのです。今の空しさ、今の厳しさが、あなたの最後の縦糸なのではないのです。
 聖書は、「わたしが存在している目的は何か」という問いに対して、それは、神さまの愛を受けとめる器として存在しているのだと教えてくれます。あなたという存在そのものを大切にしてくださる神さまがいます。たとえ世の中が、能力や効率とかのことで、あなたを評価しなくっても、あなたは、あなたという存在そのもので価値があるのです。
 神さまは、ひとり子イエス・キリストをくださったほどに世を愛されました。世とは「あなた」のことです。あなたにとって、自分の居ない「世」は無いに等しいでしょ?
 どうか自分のいのちの重さと、価値の大きさに心をひらき、そのことを信じてください。大丈夫です。生きていく力は新しく生まれます。あなたは愛されているのです。
                『GoodNewsしらかば』2010年10月号 巻頭言 ●牧師 吉高 叶


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-10-04 12:23:08 (1244 ヒット)

            【福音を恥としない】
 福音とは、神の愛のことです。どのような愛かというと、イエス・キリストによって現された愛のことです。主イエスが、そのご生涯の中で人々に注いだまなざしや御業に示された愛。主イエスが十字架で果たされた、罪を背負い裁かれつつ、罪人を赦す愛。しかし、そのイエスを死人の中から復活させる神の愛です。
 この神の愛が福音であり、この愛がこの私に注がれたのです。福音とは、「この私は、イエス・キリストをいただくほどに神から愛されている」ことです。
 福音を恥としない。「恥とする」とは他のものと比べて「小さいものだ」と考えることです。私たちは、神から愛されていることを、他のものよりも小さいことにしてはいないでしょうか。神の愛以外の、何か別のものでも生きていける、とか、キリストの十字架の赦しが無くても問題はないと感じていないでしょうか。
 福音を恥じとしない。それは、神の愛を受け、赦しを受けて生きる人生を感謝し、十分に用いていこうとすることです。と同時に、福音が、神から全ての人への贈り物であることを喜び、隣人に証ししていこうとする人生のことです。
                ●10月3日 週報巻頭言 吉高 叶


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-10-02 15:28:17 (1150 ヒット)

             【ありがとう この愛】
 韓国は日本と同じように自殺の多い国です。特に激烈な受験戦争を背景として、若者たちの自死が多いのです。
 神の愛に気づき、生きる勇気を取り戻して欲しい。そんな祈りの中から「君は愛されるため生まれた」という曲が生まれました。多くの若者たちの心をとらえメガ・ヒットを記録したのでした。
 私は愛されるために生まれた・・・しかし、それだけだろうか。人間の生の喜びは、そこから「愛するために生まれた」ことを知ることではないのだろうか・・・。
在韓ソウル日本人教会の吉田耕三牧師は、ソングライターのソル・キョンウクにそのメッセージを届けます。そして生まれたのが、現在ヒット中の「もうひとつの実を望まれ」です。
ありがとう気づいてなかった
どれほど愛されているのか
はじめから今まで神の愛は
いつも注がれていたこと
ありがとう その愛教えてくれた
主から与えられた君に
キリストの愛でもっと仕え
私もこの世に仕えよう
君は愛されるため
そしてその愛伝えるため
主から選ばれて
この世に植えられた
もう一つの実を望まれ
              ●9月26日 週報巻頭言 吉高 叶


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-09-19 15:25:21 (972 ヒット)

                【旅路の助け】
テキスト 詩編121篇
 「目をあげて、わたしは山々を仰ぐ」。人生は旅である。旅人は、これから進みゆく山々を見渡し、果たしてそこに何が待ち受けているかを想い、不安と恐れで足がすくむ。「あぁ、私の助けはどこから来るのか」。これはまさに人生の問いである。
 人生の助けはどこから来るのだろう。資本主義からか、共産主義からか。政府からか、会社からか、弁護士からか、福祉制度からか。同僚からか、友人からか。それらの助けには、必ず条件と打算があり、時には裏切りや罠がある。
 人生の真の助けは、天地とわたしの生命を造られた主のもとから来る。真の助けとは、戒めと愛と赦しとが一体となったもので、それはまさに、私の生命そのものに関わりと責任をもってくださる主なる神のまなざしの中から出てくる。
 そして、主のまなざしは、まどろむことがない。私たちが、もうそれ以上できない時に、主は働かれる。もうそれ以上立っていられない時に、主が立ち上がられる。もう横たわるしかない時に、主が起きあがってくださる。旅路に必要なものは、この助けへの信頼である。
                ●9月19日 週報巻頭言 吉高 叶  


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-09-12 15:22:59 (1004 ヒット)

               【神とわたしと兄弟姉妹】
 聖書テキスト ヨハネの手紙一 2:7−11
 今日のテキストには、古い掟と新しい掟ということばが出てきます。このどちらも「愛」のことです。もともと神様の創造の根源にあったエネルギーは「愛」です。命は、愛によって創られ、愛のために創られました。神を愛し、被造物が共に愛し合うことが神の創造の目的でした。これがもともとからの命の掟です。
 しかし、人間は、この「愛」を自己の欲望の成就(自己愛)に集中させてしまうのです。神と隣人から離れた「愛」は、妬みを生み、恨みを生み、憎しみを生み、結局、人間を暗闇の中に閉じ込めてしまいます。神から切り離された自己愛は、平安を見いだすことができず、苦悩の根となるのです。
 キリストは、創造の神からの決定的な愛のアプローチとしてこの世に届けられました。神から絶対的に愛されていること。たとえ神を愛しきれなくても、神は完全に私たちを愛してくださること。その印がキリストです。このキリストの愛と赦しと伴いを受け止めるとき、安心して、あるがままの自分を愛し、同時に、自分だけでなく他者を愛して生きていくことへと開かれていくのです。
          ●9月12日 週報巻頭言 吉高 叶


« 1 ... 84 85 86 (87) 88 89 90 ... 97 »

日本バプテスト連盟   栗ヶ沢バプテスト教会

  〒270-0021  松戸市小金原2-1-12 047-341-9459


 栗ヶ沢バプテスト教会 Copyright© 2009-