教会学校月間(3)

投稿日時 2018-09-22 11:39:04 | カテゴリ: メッセージ

✣ 教会学校月間 ✣

    私たちは、自分の教派を絶対視する必要はありませんが、その特徴を生かして教会を形成することが大切です。
    バプテストの特徴の一つは、幼児(嬰児)洗礼をしないということ。これは、子どもたちが教会形成にとって取るに足りない存在であると考えているからではありません。この主張の背後には二つの積極的な動機があります。第一は、伝道する教会を選び取ったということ。私たちは、イエス・キリストを主と信じ、新生した人によって教会を形成します。第二に、教会学校による教会形成を選び取ったということ。バプテストは、幼児(嬰児)洗礼に替えて、子どもたちがやがて自分自身の決断で信仰を持つことができるように、祈り、期待し、教会で育みます。また今日の社会で、いじめの問題や家庭内での問題など、内外からの抑圧の中に生きる子どもたちを誰がいやすのかを思うとき、教会学校の働きが重要になってくるのです。そしてバプテストは、教会学校を全年齢層に広げています。日本社会で信仰を持ち続け、教会人であり続けることは困難です。信徒の教会であるバプテストは、信徒一人ひとりの信仰的成熟なしに成り立ちにくい教派ですから、全年齢層の教会学校は重要なのです。

●9月23日 週報巻頭言  牧師  村上 千代






栗ヶ沢バプテスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kurigasawa.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kurigasawa.org/modules/newsletter/index.php?page=article&storyid=459