神の召しにかえる

投稿日時 2018-04-20 12:17:05 | カテゴリ: メッセージ

✣ 神の召しにかえる ✣

    「おのおの主から分け与えられたに応じ、それぞれ神に召されたときの 身分 のままで歩みなさい」(汽灰螢鵐7章17節、下線筆者)。この1節だけをこの訳そのままで読むと、現代の私たちには理解しがたいのではないだろうか。
     若い頃に観たアメリカ映画、タイトルは忘れてしまったが、人種差別をテーマとした映画を観た時の衝撃を思い出す。白人至上主義者による、アフリカンアメリカンいわゆる「黒人」への、差別と暴力の問題が描かれた映画だった。「黒人」への人権侵害は神によって肯定されていることだと、暴力を正当化する人たちが、その根拠として旧約聖書の言葉をあげていた。キリスト者になってまだ年数の浅い私には、ものすごい衝撃だった。聖書には、その全体を通して「神の救い」が語られているのであるが、読み方によっては、聖書の言葉が「救い」にもなれば人を殺す「道具」にもなることを、その時知らされたのだ。その映画から、聖書の言葉を自分の都合の良い部分だけを切り取って絶対化しないことを教えられた。
     今日与えられた聖書箇所から、主が私たちに何を示しているのかを聴き、互いに語り合い聞き合うことは、教会の大切な営みなのだと思う。互いに学び合う分級の場で、十字架の主に召された者として、自分を絶対化することなく自由に語り合うことを今日もたのしみたい。

●4月22日 週報巻頭言  牧師  村上 千代






栗ヶ沢バプテスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kurigasawa.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kurigasawa.org/modules/newsletter/index.php?page=article&storyid=437