インマヌエル 苦悩の只中に

投稿日時 2017-12-07 19:46:30 | カテゴリ: メッセージ

✣ インマヌエル 苦悩の只中に ✣

    2005年の12月に、私はイスラエル旅行に行きました。ベツレヘムにある、イエス様が生まれた場所とされている教会を訪れました。丁度待降節でしたので、教会では立派な服を着た聖職者たちが礼拝のような儀式を行っていました。
    私たちは、生まれたばかりのイエス様が寝かされていたと言われている場所の写真を撮ったり、手で触れたりして、感動しながら教会の中庭に出て、ヒエロニムスの像の前で、天を仰ぎながら「きよしこの夜」を讃美しました。しかし、その中庭の壁一枚隔てた外側の路上では、貧しい小さな子どもたちが、観光客に「一ドル、一ドル」と言って物を売っていたのです。彼らは必死でした。なぜなら、稼ぎが悪い時には、家に帰って親に叩かれてしまうからだそうです。私は、その事実を聞いてとても複雑な思いになりました。天を仰ぎ、喜びと感動に浸って、気持ちが高揚している自分が少し恥ずかしくなりました。
    イエス様がこの世にお生まれになったのは、私のためであると同時に、あの壁の向こうで必死になって物を売っている子どもたちのためでもあるのだと、思い知らされたからです。
    彼らは、イエス様が生まれたとされる教会の直ぐ近くで生まれ育ちながら、イエス様を知らないのです。その時私は、インマヌエルの神はどこにおられ、誰と共におられるのかと考えさせられました。

●12月10日 第2アドベント 週報巻頭言  松 準(前・横浜JOYバプテスト教会 牧師)






栗ヶ沢バプテスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kurigasawa.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kurigasawa.org/modules/newsletter/index.php?page=article&storyid=417