向こう岸へ

投稿日時 2010-05-24 18:40:03 | カテゴリ: メッセージ

 本日の聖書テキスト(マタイ8:18-27)には「嵐を静めるイエス」の事件が含まれています。いわゆる奇跡物語です。けれども18節からの文脈全体からは別のテーマが響いてきます。
 イエスに従う道においては、/諭垢らの拒絶を受けること ⊃閥瓩平諭垢箸侶菠未鯒られること M鬚里茲Δ丙て颪冒遇すること、が待ち受けているということです。つまり、主イエスと共にあれば「嵐が起こらない」のではなく「嵐に出会うだろう」と、私たちの期待とは逆のことを、このテキストは言っています。
 ただし、さらに重要なことですが、その嵐の中でこそ、人は真にキリスト(救い主)と出会うのだというのです。
 「人はどこで神を見いだすのか」。それは人間の望む平穏な場面でではなく、順調な流れの中ででもない。まさに危機と揺さぶりの中で、人は、神を、救い主を発見するのです。しかも、「向こう岸へ渡ろう」という主の招きに従う中で改めて己(おのれ)が揺さぶられ、その揺さぶりの中で、ほんとうにキリストと出会うのです。
                       ●5月16日週報巻頭言 吉高 叶





栗ヶ沢バプテスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kurigasawa.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kurigasawa.org/modules/newsletter/index.php?page=article&storyid=39