木村一充牧師就任感謝礼拝

投稿日時 2022-11-04 17:32:23 | カテゴリ: 教会日記

 10月2日(日)の午後、木村一充牧師就任感謝礼拝が捧げられました。長引くコロナ危機の中、完全集会形式は叶いませんでしたが、この日に向けてZOOM配信の準備がなされたことは、教会の前進でした。当日は対面と配信で、教会内外から86名の参加者が与えられました。
 信徒代表者たちによる「委託と派遣の按手」では、按手を受けるにあたり、靴を脱いでひざまずいた木村牧師。「足から履物を脱ぎなさい。あなたの立っている場所は聖なる土地だから」(出エジプト記 3:5より)との御言葉に立ってのことだったと、後日語っておられました。
 礼拝メッセージは、若き日の木村牧師をよく知る、川口義雄先生(新小岩バプテスト教会牧師)が、神学生時代の思い出も交えながら語ってくださいました。タイトルは「ささげ尽くす香油」。ヨハネによる福音書12章から、高価な香油の壺を割ってイエス様に注いだベタニアのマリアに焦点を当てたお話でした。メッセージの最後には、この日のために新小岩バプテスト教会の聖歌隊により収録された賛美『あふれ流る』が流され、最上のものをイエス様に捧げたマリアに倣い、教会につながる私たち一人ひとりも、神様の働きのために精一杯の力を注げますようにとの祈りに導かれました。
 その後、日本バプテスト連盟常務理事・中田義直先生、東京地方バプテスト教会連合会長・篠松次郎様、東ブロック教会代表・吉盂霎萓検併埓酥幡キリスト教会牧師)からも祝辞を賜り、礼拝後は、夕日が差す中庭で爽やかな空気の中、松村誠一先生(大泉バプテスト教会協力牧師)にお祈りいただき、茶話会のひと時を持ちました。
 コロナ下の難しい状況の中で開催時期を模索しながら、着任14ヶ月目にしてようやく開催できた今回の感謝礼拝でした。この地に福音を届けるため、木村牧師と栗ヶ沢教会が、神様の導きのもと、さらに豊かに用いられてゆきますように。

●総務委員会ホームページ係






栗ヶ沢バプテスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kurigasawa.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kurigasawa.org/modules/letter2/index.php?page=article&storyid=417